人生にゲームをプラスするメディア

【GDC 2009】6000体のゾンビを画面に登場させるには・・・?『デッドライジング2』のメイキング

画面上にゾンビを6000体表示する、この一見不可能と思えるような所業に取り組んでいるのが、カプコンから発売されるXbox360『デッドライジング2』の開発チームです。ゲームデベロッパーズカンファレンスでは協賛セッションも開催されていて、この「Platform-independent Shader Development with mental mill: The making of DEAD RISING 2」(プラットフォームから独立したシェーダー開発: メイキングオブ デッドライジング2)はNVIDIAの協賛で開催されました。講演では開発を担当するカナダのBlue Castle GamesのIzmeth Siddeek氏がゲームのビジュアル、シェイディング作りについて語りました。

ゲームビジネス その他
【GDC 2009】6000体のゾンビを画面に登場させるには・・・?『デッドライジング2』のメイキング
  • 【GDC 2009】6000体のゾンビを画面に登場させるには・・・?『デッドライジング2』のメイキング
  • 【GDC 2009】6000体のゾンビを画面に登場させるには・・・?『デッドライジング2』のメイキング
  • 【GDC 2009】6000体のゾンビを画面に登場させるには・・・?『デッドライジング2』のメイキング
  • 【GDC 2009】6000体のゾンビを画面に登場させるには・・・?『デッドライジング2』のメイキング
  • 【GDC 2009】6000体のゾンビを画面に登場させるには・・・?『デッドライジング2』のメイキング
  • 【GDC 2009】6000体のゾンビを画面に登場させるには・・・?『デッドライジング2』のメイキング
  • 【GDC 2009】6000体のゾンビを画面に登場させるには・・・?『デッドライジング2』のメイキング
  • 【GDC 2009】6000体のゾンビを画面に登場させるには・・・?『デッドライジング2』のメイキング
画面上にゾンビを6000体表示する、この一見不可能と思えるような所業に取り組んでいるのが、カプコンから発売されるXbox360『デッドライジング2』の開発チームです。ゲームデベロッパーズカンファレンスでは協賛セッションも開催されていて、この「Platform-independent Shader Development with mental mill: The making of DEAD RISING 2」(プラットフォームから独立したシェーダー開発: メイキングオブ デッドライジング2)はNVIDIAの協賛で開催されました。講演では開発を担当するカナダのBlue Castle GamesのIzmeth Siddeek氏がゲームのビジュアル、シェイディング作りについて語りました。

高い注目を集めたセッションIzmeth Siddeek氏


このセッションで取り上げられた「mental mill」は、NVIDIAが提供している開発環境「FX Composer」に同梱されているもので、シェーダーをグラフィカルなインターフェイスで作成できるものです。

Siddeek氏は、「今までのゲームではとても考えられない数のキャラクターを表示するためには、今までは何か全く異なるアプローチが必要だった」と話します。mental millはその解決方法でした。mental millはアーティストとプログラマーのコラボレーションのフレームワークとなる存在で、アーティストがプログラマの手を借りずに、新しいビジュアルのアプローチやワークフローを待たずに試せるようになったり、逆にプログラマが素材をプログラム的に加工して利用できるようになったそうです。また、開発環境に理解のあるカプコンというパブリッシャーのお陰で非常に初期に導入することができたそうです。

まず最初に例として挙げられたのが、プログラム的なテクスチャコントロールです。mental millでは、1つのテクスチャをプログラム的に加工することができ、1つのテクスチャから様々なカラーやデザインを生成することができます。下の写真の服も全て1つのテクスチャから生成されたもので、これによって膨大な数の量の服を描く手間を軽減させられるほか、表示の負荷も低減することができたそうです。

1つのテクスチャで多数のデザインを表現


また、顔のスキンのシェーディングでも、1つのテクスチャマップを加工することで、異なる人種や年齢のキャラクターを容易に生成できるようになったそうです。

同じテクスチャマップで生成


『デッドライジング2』についてはゲームの詳細はまだ明らかにされていませんが、セッションでは現在のスクリーンショットも何点か紹介されました。前作もゾンビの数には非常に力を入れたゲームでしたが、6000という数は驚異的と言うほかありません。それがどのようなゲーム性につながるのか、発売が楽しみになりますね。

《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『無双OROCHI3』『FIFA 19』『英雄伝説 閃の軌跡IV THE END OF SAGA』『すばらしきこのせかい Final Remix』他

    今週発売の新作ゲーム『無双OROCHI3』『FIFA 19』『英雄伝説 閃の軌跡IV THE END OF SAGA』『すばらしきこのせかい Final Remix』他

  2. 『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

    『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

  3. オンライン対戦実装の『ソーセージレジェンド』バージョン2.0をプレイ―全世界の剣(ソーセージ)とその身を賭けて戦え!【TGS2018】

    オンライン対戦実装の『ソーセージレジェンド』バージョン2.0をプレイ―全世界の剣(ソーセージ)とその身を賭けて戦え!【TGS2018】

  4. 「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

  5. 【特集】今のゲーム業界は人材不足、じゃ“就職できない人”はなぜいるの?HAL東京のゲーム学部に迫る

  6. 『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

  7. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  8. PSVR『クーロンズゲートVR』始動! あの「九龍城」が蘇る

  9. 【CEDEC 2009】『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル』における、Squirrelを使ったゲーム開発

  10. 「マリオ&ゼルダ ビッグバンドライブ」当日券予約受け付け中

アクセスランキングをもっと見る