人生にゲームをプラスするメディア

【GDC 2009】予想以上の楽しさと爽快感『エキサイトボッツ』プレイレポート

「エキサイトバイク」の流れを汲み、Wii『エキサイトトラック』に続いて米国のMonster Gamesが制作しているのが『エキサイトボッツ: トリックレーシング』です。前作はモンスターマシンと呼ばれる超巨大マシンを操ってのオフロードレーシングでしたが、今回は昆虫をモチーフにしたマシンを使ったオフロードレーシングとなりました

任天堂 Wii
【GDC 2009】予想以上の楽しさと爽快感『エキサイトボッツ』プレイレポート
  • 【GDC 2009】予想以上の楽しさと爽快感『エキサイトボッツ』プレイレポート
  • 【GDC 2009】予想以上の楽しさと爽快感『エキサイトボッツ』プレイレポート
「エキサイトバイク」の流れを汲み、Wii『エキサイトトラック』に続いて米国のMonster Gamesが制作しているのが『エキサイトボッツ: トリックレーシング』です。前作はモンスターマシンと呼ばれる超巨大マシンを操ってのオフロードレーシングでしたが、今回は昆虫をモチーフにしたマシンを使ったオフロードレーシングとなりました



前作と同様にコントロールにはWiiハンドルを使用。車の運転のように左右に回すことでマシンを操ります。2ボタンでアクセル、1ボタンでブレーキ、十字キーの上もしくはBボタンでターボ、Aボタンでは特殊なアクションを使います。

基本的なゲームプレイは前作を踏襲しています。前作『エキサイトトラック』もかなり爽快でパワフルなプレイに重点を置いたレースゲームでしたが、本作は更にそれが増した印象です。車から離れたことで、昆虫マシンのハチャメチャなアクションもレースの駆け引きとなります。例えば地面を叩きつけて周りのマシンを妨害したり、、といったものです。スピード感も前作より増した印象です。

走りによってスターが貰え、得たスターの数と順位の両方でステージの成績が決定されるシステムは前作と変わりません。上り坂で上手くブーストを使い、大ジャンプをし、Wiiハンドルを操作して上手く着地することで大量のスターを集めたり、ライバルの間を上手く駆け抜けたり、道なき道を疾走してスターを集めましょう。

マシンのデザインや画面の印象は少し日本のゲームプレイヤーには敬遠されるのではとも思いますが、ゲームの内容自体は数回プレイしただけですが、非常に爽快感があり、昆虫マシンのパワフルな走りが楽しいものでした。『パンチアウト』もそうですが、思わず体が動くような、楽しめる作品が久々にWiiに揃ってきたというな印象も受けました。日本での発売は不明ですが、期待したいところです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  2. 『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

    『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

  3. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

    SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  4. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

  6. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  7. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

  8. 『アーケードアーカイブス』シリーズ・ハムスターブースでは80~90年代の懐かしのタイトルがプレイ可能─多彩なステージイベントも【TGS2018】

  9. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  10. 「ゲームの都」を目指す仙台市ー”オモシロイ”を創造するビジネス集団のチャレンジ【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る