人生にゲームをプラスするメディア

【GDC 2009】セガ、長谷川氏がローカライズのリスクとリターンについて話した

ゲームビジネス その他

【GDC 2009】セガ、長谷川氏がローカライズのリスクとリターンについて話した
  • 【GDC 2009】セガ、長谷川氏がローカライズのリスクとリターンについて話した
  • 【GDC 2009】セガ、長谷川氏がローカライズのリスクとリターンについて話した
  • 【GDC 2009】セガ、長谷川氏がローカライズのリスクとリターンについて話した
  • 【GDC 2009】セガ、長谷川氏がローカライズのリスクとリターンについて話した
  • 【GDC 2009】セガ、長谷川氏がローカライズのリスクとリターンについて話した
  • 【GDC 2009】セガ、長谷川氏がローカライズのリスクとリターンについて話した
  • 【GDC 2009】セガ、長谷川氏がローカライズのリスクとリターンについて話した
  • 【GDC 2009】セガ、長谷川氏がローカライズのリスクとリターンについて話した
ゲーム開発の大作化と、それに伴うゲームビジネスのグローバル化によって、海外版の製作、いわゆるローカライズの重要性が急増しています。こうした背景から、今年のGDCで新設された分科会が「ローカリゼーションサミット」です。



このうちパネルディスカッション「Risks and Rewards of New Territories」で、セガの長谷川亮一氏が登壇しました。

長谷川氏はセガで『エコーザドルフィン』などの日本語版製作に携わった後に、SCEに移籍して『クラッシュバンディクー』シリーズなどを担当。さらにセガに復帰してPS3/Xbox360版『セガラリー』を手がけるなど、海外開発タイトルの日本市場へのローカライズを長年続けてきた開発者の一人です。



長谷川氏は「ローカライズの答えは国ごとのeggplant(茄子)のサイズの違いにある」と自説を示しました。日本でも地域によって、さまざまな形状の茄子があり、それに適した郷土料理があります。これが海外ではキングサイズの茄子もあり、好まれる茄子料理も異なってきます。



このようにゲームのローカライズでも、言語や音声、グラフィック、難易度といった、目に付きやすい部分を機械的に翻訳するのではなく、その国の文化にあった「調理法」が重要だ、と解説しました。

このほかパネルでは「セカンドライフ」を展開する米リンデンラボ社のDanica Brintonさん、マイクロソフトのTacey Millerさんも参加しました。

Danicaさんはセカンドライフのローカライズは、各国ごとのユーザーコミュニティをウェブ上で組織して行った結果、60万ドルものコスト削減につながったことを紹介しました。

Taceyさんは「ニンジャガイデン2」の北米版製作の際に、当時プロデューサーを務めた板垣伴信氏と何度もクリエイティブの面で議論しながら、作り上げていったエピソードを披露しました。




またローカリゼーションサミットの発起人の一人で、モデレータを務めたトム・エドワード氏は、ローカライズの不備によって思わぬ文化的摩擦が生じるリスクが高まっていることを示し、企画段階からローカライズを視野に入れる重要性を指摘しました。



最近では各地の文化背景をふまえた変換を行う「カルチャライズ」という言葉も耳にする機会が増えました。今回のパネルも、カルチャライズをふまえた海外展開の重要性を訴えるものでした。世界同時発売も増えつつある昨今、こうした意識は、作り手側にますます必要になっていると言えるでしょう。
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  2. VR『ひぐらしのなく頃に現』を発表! 竜騎士07の新規シナリオで描く─VR体験会を5月19日に実施

    VR『ひぐらしのなく頃に現』を発表! 竜騎士07の新規シナリオで描く─VR体験会を5月19日に実施

  3. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

    ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

  4. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  5. 【CEDEC 2012】「Final Fantasy XIVで搭載されたサウンド新技術の紹介」ゲームの面白さにサウンドができること

  6. バンナム、平成29年3月期は増収増益―『ダクソIII』や『デレステ』人気

  7. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  8. 日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

  9. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  10. 【DEVELOPER’S TALK】新世代への期待感を裏切らない『龍が如く』シリーズ総合監督 名越稔洋氏に聞く PS4『龍が如く 維新!』インタビュー(前編)

アクセスランキングをもっと見る