人生にゲームをプラスするメディア

Wiiウェアで好評の『World of Goo』開発元が初期バージョンを公開

Wiiウェア及びPC用として発売され海外で高評価を獲得した『World of Goo』ですが、その最初期はどのようなものだったのでしょうか?

任天堂 Wii
Wiiウェアで好評の『World of Goo』開発元が初期バージョンを公開
  • Wiiウェアで好評の『World of Goo』開発元が初期バージョンを公開
  • Wiiウェアで好評の『World of Goo』開発元が初期バージョンを公開
  • Wiiウェアで好評の『World of Goo』開発元が初期バージョンを公開
Wiiウェア及びPC用として発売され海外で高評価を獲得した『World of Goo』ですが、その最初期はどのようなものだったのでしょうか?

『World of Goo』の開発元である2DBOYは、同作の初期バージョン(PC用)を公式Blogにて公開しています。

公開された最初期版。ゲームの根幹は既に完成している印象。


約3年前の2006年8月に作られた最初期のものですが、黒いネバネバ(Goo)を繋いで構造物を作っていくというゲームの根幹部分は既に完成を見ていることが分かります。Gooの可愛らしいデザインも現在のものとほぼ同じとなっています。

不思議な世界観が印象的な『World of Goo』ですが、この2006年8月版はフリー素材と思しき背景が使用されており、製品版の世界観は見られません。開発段階ではゲームアイデアの方が優先されていたようで、この辺りも海外ゲームらしいといえるでしょう。

製品版。手描きの背景が味わい深い。こちらも製品版。印象的な画面は、アイデアと世界観のどちらも重要であることを教えてくれます。


初期バージョンはPC用で、無料でのダウンロードが可能。ゲーム開発におけるワン・アイデアの重要さを教えてくれるものとなっていますので、興味のある人はダウンロードしてみてはいかがでしょうか。
《水口真》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 今どこで買える? 販売方法は? ニンテンドースイッチの販売情報まとめ【10月19日】─スイッチ本体の抽選販売が幕開け

    今どこで買える? 販売方法は? ニンテンドースイッチの販売情報まとめ【10月19日】─スイッチ本体の抽選販売が幕開け

  2. 『マリオカート ライブ ホームサーキット』狭めの部屋でもプレイできる5つの遊び! フリーランの可能性を引き出そう

    『マリオカート ライブ ホームサーキット』狭めの部屋でもプレイできる5つの遊び! フリーランの可能性を引き出そう

  3. 『ピクミン3 デラックス』体験版の感想を一挙紹介! 90%以上の読者が好感触を示す―操作性には賛否両論の声が【アンケート】

    『ピクミン3 デラックス』体験版の感想を一挙紹介! 90%以上の読者が好感触を示す―操作性には賛否両論の声が【アンケート】

  4. 『スーパーマリオブラザーズ 35』全コース攻略!パワーアップ・1UP・10コインの場所やループ脱出法を動画&画像で解説

  5. 【特集】『星のカービィ』一番強いのはどれだ!?最強コピー能力10選

  6. 『フォートナイト』スキン「タロー」に盗作疑惑がかかるもフェイクと判明

  7. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  8. 『スーパーマリオブラザーズ 35』1位をとるためのサバイバル術10箇条! 生き残るためにはコインとクッパが重要

  9. 【特集】『星のカービィ』シリーズ、絶対に忘れられないシーン10選

  10. 今どこで買える? 販売方法は? ニンテンドースイッチの販売情報まとめ【10月16日】─月末の新たな同梱版を視野に入れつつ、引き続き抽選販売にも注視を

アクセスランキングをもっと見る