人生にゲームをプラスするメディア

「GAMEは、元気です。」東京ゲームショウ、今年も4日間の日程で開催決定

ゲームビジネス その他

CESA(社団法人コンピュータエンターテインメント協会)は、今年の東京ゲームショウについて9月24日(木)〜27日(日)の4日間、幕張メッセで開催すると発表しました。例年通り、前半2日間がビジネスデイ、後半2日間が一般公開日となります。また、今年のテーマは「GAMEは、元気です。」と決定しました。

昨年は1768小間、879タイトルといずれも過去最大規模での開催となりましたが、CESAでは今年も世界経済が停滞する中でも元気なゲームをより盛り上げるためのショーにしたいとしています。

具体的に今年は、(1)あらゆる最新・最先端情報が集結する場にする、(2)ビジネス面の充実と報道・来場・出展の国際化を進める、(3)ライトユーザー、新規ユーザーの対応強化、という3つのテーマを掲げていて、「アドバンスド モバイル&PCコーナー」の新設や欧米へのニュースリリース配信サービスの強化などを行っていくということです。

「GAMEは、元気です。」というテーマについては、ゲームを通じて世の中を少しでも明るく、楽しくしたいという思いが込められているということです。

テーマ『GAMEは、元気です。』について
自由な発想やアイデア、画期的なストーリー、斬新な表現。
創造性に満ちたゲームは人にパワーを与えてくれます。
遊ぶ人も、創る人も、みんなが夢中になれるからゲームにはいつも希望があふれています。
経済の混乱が影を落とし、世界から元気が失われつつあります。
だからこそゲームは、世の中をもっと明るく楽しくする存在でありたい――。
「東京ゲームショウ2009」は、ゲームを通じて世界を元気にしていきたいと思います。

今年は170社、1550小間を見込んでいて、来場目標は18万人となります。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

    ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  2. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

    【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  3. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

    【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  4. 今週発売の新作ゲーム『モンスターハンター:ワールド』『七つの大罪 ブリタニアの旅人』『The Inpatient 闇の病棟』他

  5. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  6. アメリカゲーム業界就職事情・・・日本とは違うサバイバル術

  7. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  8. 【E3 2009】ビートルズの名曲を自分達の手で演奏『ザ・ビートルズ: ロックバンド』レポート

  9. DMMの動画・電子書籍にペイパル決済が導入―期間中ペイパルで支払うと10%のポイントバック

  10. 【CEDEC 2014】知っておきたいゲーム音楽著作権、JASRACが教える有効な利用法

アクセスランキングをもっと見る