人生にゲームをプラスするメディア

ハドソン、第3四半期業績を発表―『桃太郎電鉄 20周年』など好調

ハドソンは、平成21年3月期 第3四半期業績を発表しました。それによれば第3四半期(累計9ヶ月間)の売上高は142億4700万円(前年同期: 129億8800万円)、営業利益は28億7600万円(22億8100万円)、経常利益は28億1300万円(22億8500万円)、純利益は15億4500万円(28億4700万円)となりました。

ゲームビジネス その他
ハドソンは、平成21年3月期 第3四半期業績を発表しました。それによれば第3四半期(累計9ヶ月間)の売上高は142億4700万円(前年同期: 129億8800万円)、営業利益は28億7600万円(22億8100万円)、経常利益は28億1300万円(22億8500万円)、純利益は15億4500万円(28億4700万円)となりました。

コンシューマ・コンテンツ事業では、初のネットワークに対応した『桃太郎電鉄 20周年』が想定通りの販売を達成し、前期までに発売した『DECA SPORTA』が海外で引き続き好調で累計販売は160万本に到達しました。ダウンロードでも、WiiのバーチャルコンソールやWiiウェア、Xbox Live Arcadeなどのタイトルが好調でした。

ネットワーク・コンテンツ関連事業は、携帯電話向けコンテンツのダウンロード数は伸び悩んだものの、継続的な売上がありました。また、新規にiPhone/iPod touch向けのコンテンツ配信も開始しています。

ハドソンでは、経済状況は厳しいものの、第3四半期のエンタテイメント産業は直接に景気減速の影響を受けずに、ゲームソフトの販売も堅調に推移したとしています。
《土本学》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スマフォゲームは「カジュアルゲーム」から「ミッドコアゲーム」へーGREE Korea担当者インタビュー

    スマフォゲームは「カジュアルゲーム」から「ミッドコアゲーム」へーGREE Korea担当者インタビュー

  2. TIME誌が選ぶ2008年のベスト10ゲーム−日本のゲームは・・・?

    TIME誌が選ぶ2008年のベスト10ゲーム−日本のゲームは・・・?

  3. “推しメン休暇”って実際どうなの?どんなキャラでもいいの?ジークレスト代表&社員にアレコレ聞いてみる

    “推しメン休暇”って実際どうなの?どんなキャラでもいいの?ジークレスト代表&社員にアレコレ聞いてみる

  4. FPS界の重鎮“スタヌ”って何者?山田涼介も憧れる人気ストリーマー・StylishNoobの魅力

  5. メタバースってなあに? 『あつ森』『ポケモンGO』はどうなの? ゲーマーは知っておきたい基礎知識

  6. 3DCG「ワルキューレ」お披露目!エースコンバットチームが作成した「ゼビウス 3Dモデル」と共に配布予定

  7. 本格機能を毎日1時間無料で利用可能!ペイントツール「CLIP STUDIO PAINT」iPhone版がリリース

  8. 今週発売の新作ゲーム『無双OROCHI3』『FIFA 19』『英雄伝説 閃の軌跡IV THE END OF SAGA』『すばらしきこのせかい Final Remix』他

  9. ユービーアイソフトとイードが総合学園ヒューマンアカデミーにて「スペシャルセミナー&e-Sports大会」を開催

  10. 注目漫画「バディ スピリッツ」誕生の裏側に迫る ― 岸本みゆき先生インタビュー

アクセスランキングをもっと見る