人生にゲームをプラスするメディア

バンダイナムコゲームスとバンダイネットワークスが合併―グループ再再編

バンダイナムコホールディングスは、傘下でゲーム事業を行うバンダイナムコゲームスと、携帯向けコンテンツ事業を行うバンダイネットワークを合併するほか、ホールディングスの代表者が交代し、現社長の高須武男氏が会長に、取締役でバンダイナムコゲームス社長の石川祝男氏が社長に就任する人事を発表しています。

ゲームビジネス その他
バンダイナムコホールディングスは、傘下でゲーム事業を行うバンダイナムコゲームスと、携帯向けコンテンツ事業を行うバンダイネットワークを合併するほか、ホールディングスの代表者が交代し、現社長の高須武男氏が会長に、取締役でバンダイナムコゲームス社長の石川祝男氏が社長に就任する人事を発表しています。

バンダイナムコゲームスは家庭用、PC向けのゲームを、バンダイネットワークスは携帯電話向けのゲームを主な事業としていて、更なる成長を図るため、統合する方針となりました。今後携帯向けコンテンツはバンダイナムコゲームすの新たな一カンパニーとして事業が行われます。

その他の事業再編としては、映像コンテンツ事業を行うバンダイビジュアルがアニメサイトの運営を行うアニメチャンネルを吸収し、エモーションの音楽事業をランティスに移管します。加えて、ナムコの高齢者介護事業を新設する株式会社かいかやに吸収分割し、ナムコはアミューズメント事業に特化します。

人事では、持株会社で現社長の高須武男氏が会長に、取締役でバンダイナムコゲームス社長の石川祝男氏が社長に就任し、バンダイナムコゲームスでは現副社長の鵜之澤伸氏が社長に昇格します。

バンダイナムコグループではバンダイとナムコの統合以来、重複する事業会社の統合、上場子会社の完全子会社化など徐々に統合の形を整えてきましたが、4月よりスタートする中期経営計画を元に、新たな飛躍を目指す次のステージに入ったと言えそうです。
《土本学》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【めざせクリエイター! Shadeで始める3DCG】第1回 Shadeとは? 生い立ちから最新版の機能まで

    【めざせクリエイター! Shadeで始める3DCG】第1回 Shadeとは? 生い立ちから最新版の機能まで

  2. プレイステーションVSセガサターン 「次世代ゲーム機戦争」がゲーム産業を加速させた(2)

    プレイステーションVSセガサターン 「次世代ゲーム機戦争」がゲーム産業を加速させた(2)

  3. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

    YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  4. 任天堂、コロプラとの『白猫プロジェクト』を巡る訴訟で請求額引き上げ―49.5億から96.99億に増額

  5. UDKを使ってみよう!【導入編】・・・「Unreal Japan News」第40回

  6. 『ニーア』のヨコオタロウ、株式会社ブッコロを設立

  7. バンナム「カタログIPオープン化プロジェクト」続報…企画審査を通過した法人と企画名が公開

  8. Googleがアプリ内購入システムを改善へ、「プレイ料金無料」を謳い誤解を招く広告を排除

  9. 【週間売上ランキング】『レイトン教授と最後の時間旅行』が2週連続1位(12月1日〜7日)

  10. 【GDC2011】天才ゲームプロデューサー、マーク・サニーが語る彼のゲームデザイン手法の基礎

アクセスランキングをもっと見る