人生にゲームをプラスするメディア

本日発売!『ニード・フォー・スピード アンダーカバー』〜今冬最大のレーシングアドベンチャー

ゲームビジネス その他

ニード・フォー・スピード アンダーカバー
  • ニード・フォー・スピード アンダーカバー
  • ニード・フォー・スピード アンダーカバー
  • ニード・フォー・スピード アンダーカバー
  • ニード・フォー・スピード アンダーカバー
  • ニード・フォー・スピード アンダーカバー
  • ニード・フォー・スピード アンダーカバー
  • ニード・フォー・スピード アンダーカバー
  • ニード・フォー・スピード アンダーカバー
エレクトロニック・アーツは2008年12月18日(木)に、アクションレーシングのシリーズ最新作『ニード・フォー・スピード アンダーカバー』(Need for Speed. Undercover)を発売しました。

『ニード・フォー・スピード アンダーカバー』は、ハイスピードバトルやさまざまなミッションをこなしながら、ストーリーを進めていくアクションレーシングゲーム。シリーズの原点に戻り、オープンワールを舞台にした広大なマップで、緊迫した警察とのカーチェイスやハイウェイでのハイスピードバトルを楽しむことができます。プレイヤーは国際的犯罪組織の悪業を暴く潜入捜査官として活動するため、時には警察に追いかけられ、時には操作感として追いかけるという、アクションの連続となっています。

ハリウッド風のライブアクションムービーでは、「ミッション・インポッシブル III」や「ダイ・ハード4.0」で活躍した、ハリウッド女優の「マギー・Q」がヒロインとして登場。捜査官「チェイス・リン」として、潜入捜査官であるプレイヤーの任務遂行のための、ミッションや指令を与えてくれます。本作の特徴である豊富なカスタマイズ、リアルなマシンダメージの再現や、マシンの挙動はもちろん健在。370Z、Audi R8 やBMW M6、Lexus IS-F 等をはじめとする55車種以上の人気車種がゲームに登場します(収録車種数は対応機種版ごとに異なります)。

また最新作では「ヒロイック・ドライブ・エンジン」システムが採用されており、憧れのマシンを意のままに操ることが可能だとのこと。ハイパフォーマンスなドライビングで時速300kmの息詰まるようなハイウェイバトルが繰り広げられます。オープンマップ内のコースは合算すると距離にして130キロ以上もあり、グラフィック面では、ライブアクションムービーを織り交ぜることで、プレイヤーは本作の舞台となる3都市「トライ・シティ・エリア」に引き込まれていくでしょう。

『ニード・フォー・スピード アンダーカバー』は、Xbox 360、 PLAYSTATION3 、Wii、PlayStation2 、PSP 、PC版がそれぞれ発売され、価格はPS3、XBOX360が税込7,665円、PS2、Wiiが6,090円、PSPが5,250円、PCがオープン価格です。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ダイバーシティでVR『バイオハザード7』を体験するチャンス!ジャック・ベイカーの等身大フィギュアも登場

    ダイバーシティでVR『バイオハザード7』を体験するチャンス!ジャック・ベイカーの等身大フィギュアも登場

  2. 今週発売の新作ゲーム『The Elder Scrolls V: Skyrim VR』『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』『Fallout 4 VR』『Okami HD』他

    今週発売の新作ゲーム『The Elder Scrolls V: Skyrim VR』『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』『Fallout 4 VR』『Okami HD』他

  3. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

    【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  4. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  5. 木村雅人プロデューサーに聞く、『El Shaddai』で実現するゲームデザイン新境地・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第10回

  6. コナミ、2016年4~12月期業績発表―『パワプロ』『パワサカ』他スマホ好調

  7. 【CEDEC 2013】タイプ別でみるテクスチャ圧縮の弱点と利点をわかりやすく解説 ― 工程の手戻りを最小限に

  8. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  9. グラビアVRの圧倒的没入感を支える技術とは、「トキメキメテオ」の撮影を手がける株式会社シータに訊いた

  10. PSVR『クーロンズゲートVR』始動! あの「九龍城」が蘇る

アクセスランキングをもっと見る