人生にゲームをプラスするメディア

レベルファイブスタジアム、大型ビジョンがいよいよ起動! セレモニーを開催

2008年3月1日に「東平尾公園博多の森球技場」から改名されて、ゲームメーカーであるレベルファイブの名前が付いた「レベルファイブスタジアム」。装いもあらたに、Jリーグチーム「アビスパ福岡」のホームスタジアムとして活躍していましたが、5月31日から着工していた大型映像装置がいよいよ完成しました。

ゲームビジネス その他
2008年3月1日に「東平尾公園博多の森球技場」から改名されて、ゲームメーカーであるレベルファイブの名前が付いた「レベルファイブスタジアム」。装いもあらたに、Jリーグチーム「アビスパ福岡」のホームスタジアムとして活躍していましたが、5月31日から着工していた大型映像装置がいよいよ完成しました。

これはスタジアムの南西サイドスタンド後方に設置されたもので、9.42m×16.15m(約152平方m)の巨大なもの。テレビ放送局品質の設備で高品質なハイビジョン映像が提供可能になっており、高倍率(72倍)のハイビジョンカメラ2台などで、調整室からの操作で任意のシーンが撮影できるというものです。今後はJリーグサッカーをはじめ、さまざまなイベントや他球技場等で行われるスポーツイベントのパブリックビューイングに活用される予定です。

そしてこの完成を記念して、起動セレモニーが開催されることとなりました。軌道敷は12月6日(土)11:00〜11:20に、J2第45節の福岡vs湘南(08シーズン最終戦)の前に行われます。セレモニーには来賓としてレベルファイブも参加するとのことで、主催者や市長とともに挨拶するとのこと。

また、セレモニーに先立ち内覧会も12月4日(木)10:30〜11:30に開催されるとのことです。いずれも誰でも閲覧可能で、レベルファイブスタジアム1Fホールで受け付けを行うとのことです。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『ソウルキャリバーVI』『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』『DARK SOULS REMASTERED』『無双OROCHI3』他

    今週発売の新作ゲーム『ソウルキャリバーVI』『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』『DARK SOULS REMASTERED』『無双OROCHI3』他

  2. 2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

    2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

  3. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  4. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. ゲームを破壊する「技術力=グラフィック向上」という罠・・・「ゲームウォーズ 海外VS日本」第25回

  6. 【インタビュー】「ゲーマーの社会的価値を上げたい」OPENREC.tvに込められた想いとはーーCyberZ取締役に訊く

  7. 【GDC 2013】『シムシティ』のエンジニアが語る「サンドボックスゲーム」の作り方

  8. ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー"沢村碧”が生まれた背景とは?

  9. 【闘会議2015】前代未聞の筋トレ用アニメ「いっしょにとれーにんぐ」がゲーム化か?制作会社が開発者を募集

  10. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

アクセスランキングをもっと見る