人生にゲームをプラスするメディア

『みんなのシアターWii』をCEATEC JAPANでチェック!

任天堂 Wii

『みんなのシアターWii』をCEATEC JAPANでチェック!
  • 『みんなのシアターWii』をCEATEC JAPANでチェック!
  • 『みんなのシアターWii』をCEATEC JAPANでチェック!
  • 『みんなのシアターWii』をCEATEC JAPANでチェック!
  • 『みんなのシアターWii』をCEATEC JAPANでチェック!
昨日もお伝えしましたが、Sier大手の富士ソフトは、Wiiウェア向け『みんなのシアターWii』を2008年12月にリリース、Wii向けの映像配信サービスを開始します。本日より10月4日(土)まで幕張メッセで開催中のCEATEC JAPAN 2008にてデモが実施されていますので、早速チェックしてきました。

『みんなのシアターWii』は12月に500Wiiポイントでリリース。ユーザーは100〜400Wiiポイント程度で配信される映像コンテンツを購入することで、Wiiで映像を楽しむ事が出来ます。コンテンツは映画・アニメ・バラエティ・ドラマ・音楽など多岐に渡るものが用意される予定です。富士ソフトの培った技術を使う事で、高画質映像の配信を可能にしています。

流れている映像はサンプルで、本配信が決定しているわけではありません


CEATECの富士ソフトブースでは、実際にWiiを使い、デモが実施されていました。会場では某人気アニメの映像が上映されていましたが、配信されるコンテンツについてはまだ決定しておらず、コンテンツホルダーやアグリゲーターとの交渉を進めていくということでした。映像自体は非常に滑らかで、テレビでの鑑賞に耐えるものという印象でした。

『みんなのシアターWii』では映像コンテンツを楽しめる工夫がされていて、ジャンル別にコンテンツを探したり、人気ランキングを参照したり、加えて欲しいコンテンツのリクエストなどが容易にできるようになっているようです。

富士ソフトではこれまでにデジタルテレビやiPTV開発で培ってきた技術を活かし、「ULEXIT」(ウレキサイト)と呼ばれる動画プレイヤーを開発していて、『みんなのシアターWii』以外にも様々な組み込み機器で、同社の映像配信システムと合わせて、動画サービスの提供を提案していきたいとしています。「ULEXIT」ではMPEG2、WMV、MPEG4/H.262など様々な動画形式に対応し、DRMによる著作権保護機構もあります。組み込み機器でも使えるコンパクトサイズで、ストレージの小さな機器にも配慮してストリーミングにも対応しているということです。

まだどのようなコンテンツが配信されるかは不明ですが、『みんなのシアターWii』はちょっと面白い取り組みとして注目したいですね。

(Reported by かおりん@インサイド)
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【アンケート】あなたの好きな『スーパーマリオ』作品は?─箱庭系&3Dアクション編

    【アンケート】あなたの好きな『スーパーマリオ』作品は?─箱庭系&3Dアクション編

  2. 【アンケート】あなたの好きな『スーパーマリオ』作品は?─横スクロールアクション編

    【アンケート】あなたの好きな『スーパーマリオ』作品は?─横スクロールアクション編

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』Ver.1.4.0の注目ブキ8選!これからはこいつらが暴れる!?

    【特集】『スプラトゥーン2』Ver.1.4.0の注目ブキ8選!これからはこいつらが暴れる!?

  4. スイッチ版『東方紅舞闘V』11月2日にリリース決定! 対人戦や多彩な要素を最新映像でお届け

  5. スイッチ版『バイオハザード リベレーションズ』シリーズにミニゲームを収録─『2』には『魔界村』風アクションが登場

  6. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”第二弾!サーモンランやスペシャルウェポンのあるある10選

  7. 『ファイアーエムブレム無双』DLCの概要が発表―新キャラ・マップ・コスチューム等が収録!

  8. 『スーパーマリオ オデッセイ』は2人プレイ可能!―2Pは「キャッピー」が操作できる

  9. Switchの本体バージョン4.0.0が配信開始…対応タイトルにてプレイ動画の保存&シェアが可能に!

  10. 「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」もとうとう100回!『スーパーマリオ オデッセイ』を大特集─有野課長や濱口D、テンタクルズもお祝い

アクセスランキングをもっと見る