人生にゲームをプラスするメディア

『街へいこうよ どうぶつの森』欧州では12月に

国内では2008年末の発売が予定されている、待望の「どうぶつの森」シリーズ最新作『街へいこうよ どうぶつの森』ですが、ヨーロッパでの発売が2008年12月に決定したそうです。日本でも年末ということで、11月か12月の発売が有力ですが、ほぼ同時発売ということになりそうです。

任天堂 Wii
国内では2008年末の発売が予定されている、待望の「どうぶつの森」シリーズ最新作『街へいこうよ どうぶつの森』ですが、ヨーロッパでの発売が2008年12月に決定したそうです。日本でも年末ということで、11月か12月の発売が有力ですが、ほぼ同時発売ということになりそうです。

正式なゲームタイトルは『Animal Crossing: Let’s Go to the City』ということで、日本版のサブタイトルとほぼ同じものになりました。これまでは「City Folk」と呼ばれていました。本作では「Wi-Fiコネクション」で遠くのプレイヤーの村に遊びに行った際に、マイクを使ってボイスで遠くのプレイヤーと交流できるのが一つの特徴ですが、それに使用する「WiiSpeak」も同梱されるということです。

もう一つの大きな特徴は「街へいこうよ」(Let’s Go to the City)ということから分かるように、従来の村とは離れて、バスに乗って、色々なお店があって華やかな街に行けるということです。E3でのレポートで一部お伝えしていますが、今までの生活とはちょっと違ったお店が楽しめそうです。

また、『おいでよ どうぶつの森』のデータをDSから本作に移行することもできるようです。WiiからWiiにキャラクターを移動するのにDSを利用することもできるとのこと。これは前作のユーザーには嬉しいですね。
《土本学》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『超探偵事件簿 レインコード』小高和剛氏インタビュー!新作のこだわり&Zにはならない?CERO設定…『トライブナイン』制作状況や『ダンガンロンパ』続編の話も

    『超探偵事件簿 レインコード』小高和剛氏インタビュー!新作のこだわり&Zにはならない?CERO設定…『トライブナイン』制作状況や『ダンガンロンパ』続編の話も

  2. 『スプラトゥーン3』のワイパーは弱ブキじゃない?有名プレイヤーたちが虜になる理由

    『スプラトゥーン3』のワイパーは弱ブキじゃない?有名プレイヤーたちが虜になる理由

  3. 『オーバーウォッチ2』サービス開始するもサーバーエラー多発―開始早々に「大規模なDDoS攻撃」を受ける

    『オーバーウォッチ2』サービス開始するもサーバーエラー多発―開始早々に「大規模なDDoS攻撃」を受ける

  4. 『スプラトゥーン3』特定条件で「キンメダイ美術館」の塗り面積が不平等に―「スタートダッシュ杯」の使用ステージからも除外

  5. 『スプラトゥーン3』おすすめのヘッドセットを紹介!オーディオミキサーを使えばボイスチャットも簡単に

  6. 任天堂、アニメ映画「スーパーマリオ」のトレイラー世界初公開へ!10月7日朝5時に「専用のニンダイ」が放送決定

  7. 『アノニマス・コード』の楽しみ方を開発陣が語り尽くす!シリーズファンでなくても楽しめる新機軸のシステム「ハッキングトリガー」で今までにないゲーム体験を味わおう

  8. 『モンハンライズ:サンブレイク』ついに「ヨモギ」「カゲロウ」の過去が明らかに!壮絶な過去、そしてヨモギの正体とは?

  9. カービィの表情を自分でデコれる、最高にハッピーなケーキが登場!遊び心あふれる“お皿”も付いてくる

  10. 『スプラトゥーン3』おすすめコントローラー5選!純正品から可愛いデザイン、携帯向けまで

アクセスランキングをもっと見る