人生にゲームをプラスするメディア

『RO』『ECO』が「ハンゲーム」でプレイ可能に!ガンホーとNHNが業務提携

ゲームビジネス その他

『RO』『ECO』が「ハンゲーム」でプレイ可能に!ガンホーとNHNが業務提携
  • 『RO』『ECO』が「ハンゲーム」でプレイ可能に!ガンホーとNHNが業務提携
  • 『RO』『ECO』が「ハンゲーム」でプレイ可能に!ガンホーとNHNが業務提携
ガンホー・オンライン・エンターテイメントとNHN Japanは2008年9月22日(月)、オンラインゲームのマーケティングにおいて業務提携を結んだことを発表した。そして、NHN Japanのゲームポータルサイト「ハンゲーム」において、ガンホーの『ラグナロクオンライン』など3作品のオンラインゲームのサービスが開始される。

NHN Japanの運営する「ハンゲーム」は、2000年11月にサービスが開始された日本最大級のインターネットゲームポータルサイトで、累計登録会員数は2,700万IDに達している。そして、ガンホーが同社のタイトルを、他企業のゲームポータルサイトでサービスを行うことは初めての試みになる。

今回、ガンホーが「ハンゲーム」に提供する作品は、MMORPGの『ラグナロクオンライン』と『エミル・クロニクル・オンライン』、手軽に楽しめるパズルアドベンチャー『パズルパイレーツ』、の3作品。「ハンゲーム」でのサービスは、『パズルパイレーツ』が9月30日(火)より、『エミル・クロニクル・オンライン』は10月16日(木)、『ラグナロクオンライン』は10月23日(木)からの開始予定となっている。

なお、各タイトルのサービス運営・企画・管理はガンホーが、「ハンゲーム」での集客やサイト内での告知はNHN Japanが担当する。

ガンホー代表取締役社長である森下一喜氏は、「オンラインゲーム黎明期より、共に市場の牽引役を担ってきたNHN Japan様とこの度タッグを組める事になり大変嬉しく思います。両社の業務提携によって、今後のオンラインゲーム市場全体における更なる発展に結び付けるべく、今後も引き続き努力して参る所存であります」と述べている。

一方、NHN Japanの代表取締役社長・森川 亮氏は、次のように述べている。「このたび> オンラインゲーム市場のメジャープレイヤーである、ガンホー・オンライン・エンターテイメント様と協業し、「ハンゲーム」を通じて同社の主要3タイトルを提供できることを大変光栄に思います。今回の業務提携のシナジーによって市場全体が活性化し、お客様に多様な価値をお届けできるよう両社で最良のエンターテインメントを追求して行きたいと考えております」
Gpara.com

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  2. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  3. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

    日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  4. VR『ひぐらしのなく頃に現』を発表! 竜騎士07の新規シナリオで描く─VR体験会を5月19日に実施

  5. 2018年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  6. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  7. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  8. 【CEDEC 2017】『Fate/Grand Order』開発チームが語る、面白いゲームを創り続ける秘訣

  9. 業績好調なアイディアファクトリーを直撃!外部技術を有効活用した開発体制

  10. 宮本茂氏がCEDECの基調講演を行うことが決定―「どこから作ればいいんだろう?」

アクセスランキングをもっと見る