人生にゲームをプラスするメディア

マリオの弟、誕生25周年

今からちょうど25年前の今日9月9日、ファミコンソフト『マリオブラザーズ』が発売されました。『マリオブラザーズ』といえば、マリオの双子の弟「ルイージ」が初めて登場したタイトル。つまり、今日はルイージが誕生して25周年の日なのです!

ゲームビジネス その他
マリオの弟、誕生25周年
  • マリオの弟、誕生25周年
  • マリオの弟、誕生25周年
今からちょうど25年前の今日9月9日、ファミコンソフト『マリオブラザーズ』が発売されました。『マリオブラザーズ』といえば、マリオの双子の弟「ルイージ」が初めて登場したタイトル。つまり、今日はルイージが誕生して25周年の日なのです!
 
ルイージの変遷

まずはルイージの歴史を振り返ってみましょう。

ルイージの最初のデビューは1983年3月に発売されたゲーム&ウオッチの『マリオブラザーズ』でした。ファミコン版の『マリオブラザーズ』と内容は違い、流れてくる品物を2人を上手く操作してコンベアを通しトラックへ運ぶゲーム、というゲーム。このとき既にルイージは緑を愛用しており、緑の帽子とオーバーオールに、赤いシャツという姿で、初登場時から緑のイメージカラーは健在でした。

ゲーム&ウォッチでデビュー


1983年6月、業務用『マリオブラザーズ』が全国のゲームセンターに登場します。ゲーム&ウオッチ版から内容が一新され、床を下からパンチして敵をひっくり返してやっつけるというゲームで、ルイージが初めて2プレイヤーとして登場しました。それからわずか3ヶ月後にはファミコンで登場。9月9日、お茶の間のテレビにルイージがやってきたのです!

その当時のルイージは、まだマリオとウリ二つの姿で描かれていました。しかし、1986年に発売された『スーパーマリオブラザーズ2』ではマリオより高いジャンプ力を持つが滑りやすい、という個性を付けられました。マリオより足腰が強い、という設定は今のルイージにも生かされていますね。さらに、1988年10月に出た『スーパーマリオブラザーズ3』では緑の帽子とシャツ、青いオーバーオールでマリオよりちょっと長身・細身という、今のルイージに近い形の姿になり、現在も引き継がれるルイージのキャラクター像がほぼ定着。それと同時に、マリオの影に隠れた完全な2Pキャラから徐々に脱却してきました。

1990年代に入るとヨッシーやワリオといった新しいキャラが登場。マリオファミリーが賑やかになってくる反面、先に主役を奪われるなど日の目を浴びない不遇な時期を過ごした。ニンテンドウ64になるとマリオファミリーが多数登場するゲームが増え、プレイヤーキャラの一人として定着していたが、他のキャラクターの陰に隠れてしまいイマイチ目立てなかったが、2000年に発売された『マリオテニス64』でルイージをライバル視するキャラクター・ワルイージや、サラサランドのお姫様・デイジーが登場。再びルイージに日が差してきました。

そして2001年9月。ゲームキューブにて念願の主役タイトル『ルイージマンション』を獲得。不気味なお屋敷の中でオバケ退治をする、というお世辞にも良いとはいえない待遇でしたが、兄を助けようとする必死な姿に多くのファンを獲得しました。現在も他のマリオファミリーに負けず劣らずの個性で活躍をみせています。

ルイージの人物像

一体、ルイージはどういう人物なのでしょうか?ルイージの人物像をみていきましょう。

ルイージはマリオの双子の弟。『大乱闘スマッシュブラザーズDX』のフィギュアの説明によると、マリオの年齢は26歳前らしいので、ルイージも同じ年齢ということになりますね。マリオより少し身長が高く、やせ形。緑の帽子とシャツを愛用し、オーバーオールや靴の色はマリオより少し濃い色になっています。ゲーム内の声はマリオと同じチャールズ・マーティネー (Charles Martinet) 氏が担当しており、最初の頃は高い声だったが『マリオゴルフ64』からは低い声も使われるようになり、現在は低い声で定着しています。

一人称は「ボク」で、心優しく温厚な性格だが、おっちょこちょいで天然な一面も。恐がりで臆病ながらも、ここぞというときは恐怖心に打ち勝ちながらも敵に立ち向かう、誰よりも強い正義心を持っています。ゲーム内ではマリオ同様”オールラウンダー”として扱われることが多いですが、マリオよりパワーが弱い反面テクニックに優れており、ジャンプ力が高く足が速いのが特徴です(ただしゲームによって若干異なります)。
 
頼りなくも、いつも一生懸命なマリオファミリー一の癒し系、ルイージ。 「永遠の2番手」と言われていたのも今は昔。「緑の人気者」となったルイージの活躍に、今後も目が離せませんね。
 
おめでとう!ルイージ!
《kikai》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. コナミが日本で「悪魔城ドラキュラ」と「METAL GEAR RISING」の商標を申請

    コナミが日本で「悪魔城ドラキュラ」と「METAL GEAR RISING」の商標を申請

  2. 史上初のオリンピック公式ライセンスe-Sportsイベント「オリンピックバーチャルシリーズ」開催―『パワプロ』『グランツーリスモ』などが競技に選出

    史上初のオリンピック公式ライセンスe-Sportsイベント「オリンピックバーチャルシリーズ」開催―『パワプロ』『グランツーリスモ』などが競技に選出

  3. 任天堂、コロプラとの『白猫プロジェクト』を巡る訴訟で請求額引き上げ―44億円から49億5,000万円に増額

    任天堂、コロプラとの『白猫プロジェクト』を巡る訴訟で請求額引き上げ―44億円から49億5,000万円に増額

  4. 任天堂、コロプラとの『白猫プロジェクト』を巡る訴訟で請求額引き上げ―49.5億から96.99億に増額

  5. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  6. 『メタルギア』海外公式ツイッターが謎の人物とのやり取りで新情報の公開を仄めかす―1週間後に新たな情報か

  7. 本格機能を毎日1時間無料で利用可能!ペイントツール「CLIP STUDIO PAINT」iPhone版がリリース

  8. 任天堂、パテントトロールに勝訴し全特許を差し押さえ 『Wii Fit』を巡り

  9. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

  10. 自分で撮影した写真がゲームのステージに ― ナムコバンダイが特許を出願

アクセスランキングをもっと見る