人生にゲームをプラスするメディア

ユービーアイ、ブラジルに南米初の開発拠点を開設

ユービーアイソフトは、同社の記念すべき20箇所目のゲーム開発スタジオを、初の南米、ブラジルのサンパウロに開設することを発表しました。サンパウロはブラジル経済の中心都市であり、南米を代表する都市でもあります。7月下旬に開設される新スタジオは当初20名のスタッフでスタートし、4年以内に200名規模に拡大する計画だそうです。

ゲームビジネス その他
ユービーアイソフトは、同社の記念すべき20箇所目のゲーム開発スタジオを、初の南米、ブラジルのサンパウロに開設することを発表しました。サンパウロはブラジル経済の中心都市であり、南米を代表する都市でもあります。7月下旬に開設される新スタジオは当初20名のスタッフでスタートし、4年以内に200名規模に拡大する計画だそうです。

「サンパウロには大学のネットワークが存在し、文化的な豊かさは、国際的なユービーアイソフトの開発コミュニティにユニークな風を吹き込むことでしょう。私達は南米の素晴らしい才能を惹き付け、世界的な成長を目指すつもりです」とユービーアイソフトワールドワイドスタジオのChristine Burgess-Quémardエグゼクティブプロデューサーは述べています。

新設のユービーアイソフトサンパウロでは、他のスタジオと協力しながら、携帯ゲーム機、家庭用ゲーム機向けのファミリータイトルの開発を行うということです。代表に就任するのはユービーアイのブラジル法人で販売を指揮した経験を持ち、欧州・中東・アジアの開発部門を統括するBertrand Chaverot氏です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【デジタルコンテンツEXPO 2010】3Dクリエイターが創り上げていく次世代メタバース「BlueMars」

    【デジタルコンテンツEXPO 2010】3Dクリエイターが創り上げていく次世代メタバース「BlueMars」

  2. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

    企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  3. 『Beat Saber』オンラインマルチプレイモードに『風ノ旅ビト』のようなゆるい繋がりを感じた

    『Beat Saber』オンラインマルチプレイモードに『風ノ旅ビト』のようなゆるい繋がりを感じた

  4. 任天堂東京製作部を探る

  5. 「ゲーム×ファッション×医療」異種の才能が集う、モード学園 コクーンタワーを見学してきました

  6. 2018年11月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  7. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  8. ユービーアイソフト、政府系機関と連携して新ゲームエンジン開発に16億円を投資

  9. 目線で敵をロックオンするVRロボゲー『Project Falcon』がTGSに登場、コックピット視点のゲーム画面も公開

  10. ミクシィ、63億円を調達して『モンスターストライク』の宣伝を強化・・・中国ではTencentと提携

アクセスランキングをもっと見る