人生にゲームをプラスするメディア

「小中学生のエコ意識はかなり高い」―バンダイネットワークス調べ

ゲームビジネス その他

携帯電話向けのアプリゲームや、キャラクタグッズを展開しているバンダイネットワークスが2008年5月20日(月)、小中学生を対象とした「『エコ』についてのアンケート調査」の結果を発表した。

このアンケート調査は、同社がネットマイルと共同で展開している小中学生が対象のネットリサーチサービス「キッズリサーチ」において行われたもの。

今回の調査では2008年4月28日(月)から4月30日(水)の期間、小中学生を中心に30万人以上の会員が参加する情報交換サイト「サークルリンク」内においてアンケートを実施、回答の集計を行った。有効回答者は2243名となっている。

調査結果では、「『エコ』や『エコロジー』という言葉を聞いたことがありますか?」という問いに対し、全体の96.8%が「ある」と回答している。

また、「あなたが実際にやっているエコは何ですか?」と複数回答で聞いた結果、「牛乳パックをリサイクル回収している」47.7%、「ペットボトルをリサイクル回収している」48.5%、「買い物袋を持参している」48.3%という回答がトップ3となった。

「『エコ』と聞いて思いつくイメージを教えてください」という質問に対しては、およそ8割の子どもが「リサイクル」と回答。その他「環境保護」69.3%、「省エネ」67.8%などが挙げられている。上記のような具体的なイメージの他には、「自然」57.3%、「明るい未来」50.0%、「だれでも出来ること」42.7%、「しなくてはいけないこと」31.5%などの回答も見られた。

このことから、小中学生の「エコ」という言葉に対する認知度はとても高く、エコ活動についての知識やイメージも明確に持っていることがわかった。実際にエコ活動を実践している子どもも多く、意識も高いようだ。

詳細な調査結果については、ネットマイルの公式サイトを参照してほしい。
Gpara.com

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

    一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

  2. Azureが初登場!クラウドによるゲーム開発支援を鮮明にした“GDC 2018”マイクロソフトブースの狙いを訊く

    Azureが初登場!クラウドによるゲーム開発支援を鮮明にした“GDC 2018”マイクロソフトブースの狙いを訊く

  3. 【CEDEC 2013】「良いゲームには、良いマーケティングを」グーグル定元氏が語る楽しい広告

    【CEDEC 2013】「良いゲームには、良いマーケティングを」グーグル定元氏が語る楽しい広告

  4. 川島隆太教授、『脳トレ』のロイヤリティは受け取らず

  5. ハドソン、本社をミッドタウン・タワーに移転、札幌支社は北海道本社に改称

  6. 元ゲームリパブリックの岡本吉起氏、モバイルゲームを開発中

  7. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  8. 「洛星」の魅力語る 各界活躍の卒業生講演 任天堂常務・松本匡治氏(京都新聞)

  9. 【インタビュー】「ゲーマーの社会的価値を上げたい」OPENREC.tvに込められた想いとはーーCyberZ取締役に訊く

  10. 【セミナーレポート】スマホゲームのシナリオメイクはどうあるべきか?Wright Flyer Studios主催の業界交流イベント

アクセスランキングをもっと見る

1