人生にゲームをプラスするメディア

最大8人のネットワーク対戦、携帯電話用FPS『WAR ZONE』韓国にてサービス開始

ゲームビジネス その他

韓国mobiledayは、携帯電話向けゲーム『WAR ZONE』において、2008年4月18日(金)よりサービスを開始しています。

『WAR ZONE』は、携帯電話用ゲームとしては珍しいFPS(一人称シューティング)。現代戦がテーマとなっており、銃器を使用した激しい戦いが繰り広げられます。条件を満たすことでステージクリアとなる一人用モードに加え、最大8人でのネットワーク対戦ができるのがウリ。FPSとしてはお馴染みの、サバイバルやデスマッチといったルールで遊ぶことができます。

グラフィックはPCの最先端FPSにはかなわないものの、出先などで手軽にFPSを楽しめるというメリットは大きいものがあり、ファンとしては日本でも携帯電話用FPSが欲しくなるところではないでしょうか。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『Detroit: Become Human』『DARK SOULS REMASTERED』『ペルソナ3/ペルソナ5 ダンシング』他

    今週発売の新作ゲーム『Detroit: Become Human』『DARK SOULS REMASTERED』『ペルソナ3/ペルソナ5 ダンシング』他

  2. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

    戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  3. 「LFS 池袋 esports Arena」が4月15日にグランドオープン!PC100台&防音ボックス室を備えた都内最大級のe-Sports施設

    「LFS 池袋 esports Arena」が4月15日にグランドオープン!PC100台&防音ボックス室を備えた都内最大級のe-Sports施設

  4. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  5. 「高知県からスタークリエイターを」―若き経営者の考える地域の未来

  6. PS4で配信予定の「東方」同人ゲームに対し、グレフが『旋光の輪舞』のライセンスを許諾

  7. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  8. マイクロソフトがWin10対応のVRヘッドセットを発表―価格は299ドルから

  9. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  10. スクエニ和田会長とやまもといちろう氏が語る任天堂の苦境、これからのパブリッシャー、スクエニの経営戦略・・・黒川塾(16)レポート

アクセスランキングをもっと見る