人生にゲームをプラスするメディア

最大8人のネットワーク対戦、携帯電話用FPS『WAR ZONE』韓国にてサービス開始

ゲームビジネス その他

韓国mobiledayは、携帯電話向けゲーム『WAR ZONE』において、2008年4月18日(金)よりサービスを開始しています。

『WAR ZONE』は、携帯電話用ゲームとしては珍しいFPS(一人称シューティング)。現代戦がテーマとなっており、銃器を使用した激しい戦いが繰り広げられます。条件を満たすことでステージクリアとなる一人用モードに加え、最大8人でのネットワーク対戦ができるのがウリ。FPSとしてはお馴染みの、サバイバルやデスマッチといったルールで遊ぶことができます。

グラフィックはPCの最先端FPSにはかなわないものの、出先などで手軽にFPSを楽しめるというメリットは大きいものがあり、ファンとしては日本でも携帯電話用FPSが欲しくなるところではないでしょうか。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

    並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

  2. 【台北ゲームショウ2016】寺田貴信氏が『スパロボ』誕生や参戦作品について語った「寺田の趣味では・・・」

    【台北ゲームショウ2016】寺田貴信氏が『スパロボ』誕生や参戦作品について語った「寺田の趣味では・・・」

  3. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

    【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  4. 「TGS 2018」開催発表会レポート―開催は9月20日から、e-Sportsや動画配信を強化していく

  5. ポケモンセンター全店で「おねむりピカチュウまつり」実施

  6. かわいいペーパークラフトの世界−ファミコン、E缶、マリオ、オバマ大統領などを無料公開

  7. コナミ、Jリーグのトップパートナーに!2014年以来の再契約

  8. 【週刊マリオグッズコレクション】第29回 懐かしのボードゲーム「パーティジョイ」シリーズ

  9. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  10. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

アクセスランキングをもっと見る