人生にゲームをプラスするメディア

ディズニー・インタラクティブ・スタジオ、中国のGamestarを買収

ゲームビジネス その他

ディズニー・インタラクティブ・スタジオは、中国の独立系ゲームメーカーGamestarを買収することで合意したと発表しました。Gamestarは2002年に設立された会社で、従業員は90名、上海と武漢に拠点を持ちます。ディズニーにとって6番目の開発スタジオということになります。

「Gamestarは我々の成長プランに非常に重要な役割を果たすでしょう。クオリティの高いタレント集団によって我々のポートフォリアは拡充されます。世界的な拡大戦略を通じてディズニー・インタラクティブ・スタジオは新しいレベルのクリエイティブを獲得し、質の高いビデオゲームを開発していくつもりです」とディズニー・インタラクティブ・スタジオの上級副社長ゼネラルマネージャーのGraham Hopper氏はコメントしています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. NESTAGE、「wanpaku」「TVパニック」など14店舗を閉鎖

    NESTAGE、「wanpaku」「TVパニック」など14店舗を閉鎖

  3. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

    【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  4. カンブリアSTGから量子力学ホラーまで!個性的すぎるC90同人ゲームたち

  5. ゲームを通してプログラミングを学べる「QUREO(キュレオ)」ーー事業者説明会からみる「プログラミング学習」の今とは?

  6. 海外パブリッシャー向けの営業とは・・・IGDA日本グローカリゼーション部会 特別セミナー

  7. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

  8. 【プレイレポ】「VR ZONE SHINJUKU」に使徒襲来!? 編集長率いる新米パイロットたちが『エヴァンゲリオンVR The 魂の座』に挑戦

  9. テレビ業界から飛び火した「ラウドネス問題」って何だ?SIG-Audio#01「ラウドネス勉強会」レポート

  10. ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

アクセスランキングをもっと見る