人生にゲームをプラスするメディア

【OGC2008】「PLAYSTATION Home」の概要紹介と実機デモを公開

ブロードバンド推進協議会が主催する「オンラインゲーム&コミュニティサービスカンファレンス2008」(OGC2008)で、ソニー・コンピュータエンタテインメントは「『PLAYSTATION Home』のご紹介」と題した講演を行い、今春にサービス開始が予定されているPS3向けのバーチャルサービス「PLAYSTATION Home」(以下、Home)の概要紹介と実機デモを行いました。

ソニー PS3
【OGC2008】「PLAYSTATION Home」の概要紹介と実機デモを公開
  • 【OGC2008】「PLAYSTATION Home」の概要紹介と実機デモを公開
  • 【OGC2008】「PLAYSTATION Home」の概要紹介と実機デモを公開
  • 【OGC2008】「PLAYSTATION Home」の概要紹介と実機デモを公開
  • 【OGC2008】「PLAYSTATION Home」の概要紹介と実機デモを公開
  • 【OGC2008】「PLAYSTATION Home」の概要紹介と実機デモを公開
  • 【OGC2008】「PLAYSTATION Home」の概要紹介と実機デモを公開
  • 【OGC2008】「PLAYSTATION Home」の概要紹介と実機デモを公開
  • 【OGC2008】「PLAYSTATION Home」の概要紹介と実機デモを公開
ブロードバンド推進協議会が主催する「オンラインゲーム&コミュニティサービスカンファレンス2008」(OGC2008)で、ソニー・コンピュータエンタテインメントは「『PLAYSTATION Home』のご紹介」と題した講演を行い、今春にサービス開始が予定されているPS3向けのバーチャルサービス「PLAYSTATION Home」(以下、Home)の概要紹介と実機デモを行いました。

講演者はソニー・コンピュータエンタテイメントでHome(Japan)プロジェクト推進課シニアプロデューサーを務める赤川良二氏です。赤川氏は1994年にSCEに入社した創業メンバーの一人で、「アークザラッド」シリーズなどのプロデューサーや、PlayStation BB、PlayStation.comなどネットワークサービスのプロデューサーを経て、現職に就任しています。

ソニー・コンピュータエンタテイメント 赤川良二氏


赤川氏はまず「『Home』は既存の仮想世界サービスと、どう違うのかと良く聞かれますが」と切り出し、「Home」が主に仮想世界の中で長い時間をすごす「滞在型」のサービスではなく、ゲームユーザーをPSのゲームタイトルに繋ぐゲートウェイであると再定義しました。また特徴として、「3Dのリアルなアバター」「テキストチャット・ボイスチャット・ジェスチャーといった、簡単操作で多彩なコミュニケーション」「PLAYSTATION HomeからPS3向けのゲームを起動できる」という3点を示しました。

「リアルなアバター」「多彩なコミュニケーション」「Homeからゲームを起動」が「Home」の3大特徴


その後「PLAYSTATION Home」を構成するエリアについて、改めて概要が紹介されました。まず基本エリアとして、SCEが提供する「Home Officialエリア」があり、大勢の人が集う「ホームスクエア」、ユーザーごとに与えられる「マイホームスペース」、ミニゲームなどが楽しめる「ゲームスペース」、ストリーミングムービーが視聴できる「シアター」があります。このほか「ショッピングエリア」(仮)、「イベントエリア」(仮)なども予定されています。「Home」を開発しているのはSCEヨーロッパで、ローカライズは各地域ごとに行っており、「ホームスクエア」も日本では東京ミッドタウン風のイメージになるそうです。

「Home」は「Home Officialエリア」と「ラウンジ」で構成される


「ホームスクエア」では広告ボードの設定や、ポスターなどが張られており、参加企業にとってはプロモーション活動の場としての性質もあります。「ゲームスペース」では無料で楽しめるゲームとしてボーリングとビリヤードが設置され、カジュアルゲーム配信なども予定されています。アイテムの販売や配布はサービス中の「PLAYSTATION Network」で行われます。

Home Officialエリアの中心となる「ホームスクエア」
多彩なゲームが遊べる「ゲームスペース」
映像が楽しめる「シアター」
飾りつけなどができる「マイホームスペース」


これ以外に、サードパーティが企業やタイトルごとに展開できる「ラウンジ」と呼ばれるスペースが設置されます。非ゲーム系の企業が参入することも可能です。赤川氏は「これまで各社からお問い合わせもいただいていたが、ようやくビジネス参加を呼びかける段階に来た」として、改めて広く参加を呼びかけました。

「Home Officialエリア」の様子をムービーで紹介


この後、赤川氏は「Home」で用いるアバターを作成するデモを実機で披露しました。デモでは黒人風のアバターを数分程度で赤川氏をモデルにしたアバターに改造する様子を示し、リアルな外見でも簡単に操作でき、世界中の人のアバターが作れる点を強調しました。アバターが完成すると、ホームスクエアで他のキャラクターと会話したり、ジェスチャーでコミュニケーションをする様が披露されました。

アバター作成を実機上でデモ


ゲームと同じ感覚で多彩なジェスチャーによるコミュニケーションができる
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『JUDGE EYES:死神の遺言』弁護士時代の八神を知る新たな登場人物たちが公開―神室町が誇る膨大なミニゲームの数々も一挙紹介!

    『JUDGE EYES:死神の遺言』弁護士時代の八神を知る新たな登場人物たちが公開―神室町が誇る膨大なミニゲームの数々も一挙紹介!

  2. 【吉田輝和のVR絵日記】フロム新作は時間停止系ADV?『Deracine』謎解きスルーでセクハラするおじさん

    【吉田輝和のVR絵日記】フロム新作は時間停止系ADV?『Deracine』謎解きスルーでセクハラするおじさん

  3. PS4版『PUBG』が海外向けに正式発表!『アンチャ』『ラスアス』コラボスキンも【UPDATE】

    PS4版『PUBG』が海外向けに正式発表!『アンチャ』『ラスアス』コラボスキンも【UPDATE】

  4. 『レッド・デッド・リデンプション2』噂検証シリーズ第4弾!ピストルでNPCの頭を爆破できる?

  5. 『Marvel's Spider-Man』DLC第2弾「王座を継ぐ者」11月20日配信―海外ティーザー映像

  6. 『Call of Duty: Black Ops 4』シリーズおなじみの「Nuketown」が国内PS4向けに配信開始

  7. 『ディシディア FF NT』が基本プレイ無料版として配信決定!バトルに特化したアイテム課金制(キャラ恒常使用権など)を採用

  8. 「PS Plus」11月はフリプにPS4『BEYOND: Two Souls』『Bulletstorm: Full Clip Edition』など―配信コンテンツ先行紹介

  9. PS4版『PUBG』12月7日より国内発売決定!2019年1月にはパッケージ版もリリース

  10. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

アクセスランキングをもっと見る