人生にゲームをプラスするメディア

DS向けコンテンツ配信「DSvision」、サービス開始を4月に延期―ハードの機能強化で

am3は、大日本印刷と提携して進めているニンテンドーDS向けのコンテンツ配信サービス「DSvision」の開始について、当初の3月から4月に延期することを発表しました。サービスで使用する専用アダプターについて、関係各社から寄せられた要望から機能を強化したためとしています。

任天堂 DS
DS向けコンテンツ配信「DSvision」、サービス開始を4月に延期―ハードの機能強化で
  • DS向けコンテンツ配信「DSvision」、サービス開始を4月に延期―ハードの機能強化で
  • DS向けコンテンツ配信「DSvision」、サービス開始を4月に延期―ハードの機能強化で
  • DS向けコンテンツ配信「DSvision」、サービス開始を4月に延期―ハードの機能強化で
  • DS向けコンテンツ配信「DSvision」、サービス開始を4月に延期―ハードの機能強化で
  • DS向けコンテンツ配信「DSvision」、サービス開始を4月に延期―ハードの機能強化で
  • DS向けコンテンツ配信「DSvision」、サービス開始を4月に延期―ハードの機能強化で
  • DS向けコンテンツ配信「DSvision」、サービス開始を4月に延期―ハードの機能強化で
  • DS向けコンテンツ配信「DSvision」、サービス開始を4月に延期―ハードの機能強化で
am3は、大日本印刷と提携して進めているニンテンドーDS向けのコンテンツ配信サービス「DSvision」の開始について、当初の3月から4月に延期することを発表しました。サービスで使用する専用アダプターについて、関係各社から寄せられた要望から機能を強化したためとしています。

「DSvision」は昨年11月末に事業発表が行われましたが、am3によれば、コンテンツホルダーや制作・開発会社より、様々なアイデアが寄せられ、その中でも特に「専用アダプターのセーブ機能を有効に利用したい」という要望が多かったそうです。そこで、専用アダプターについてセーブ機能の強化を図ったということです。

4月への延期は専用アダプタの生産および供給の予定が変更になったことに伴うものです。

「DSvision」は、インターネット経由で書籍・コミック・情報誌などの出版物に加えて、アニメ・映画・ドラマなどの映像コンテンツをニンテンドーDSに配信するサービスで、専用アダプターとmicroSDカードを使用します。当初のラインナップなど具体的なものを今後発表が期待されます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. ゲームキューブコントローラで遊ぶ『スマブラSP』のススメ─Joy-Conとはどう違う?

    ゲームキューブコントローラで遊ぶ『スマブラSP』のススメ─Joy-Conとはどう違う?

  2. 『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

    『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

  3. 『スプラトゥーン2』「どっちを選ぶ? ヒーロー vs ヴィラン」フェスは“ヴィラン”が野望を果たす!

    『スプラトゥーン2』「どっちを選ぶ? ヒーロー vs ヴィラン」フェスは“ヴィラン”が野望を果たす!

  4. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  5. 『スマブラSP』読者が最初に遊んだゲームモードは?お馴染み「大乱闘」や新要素「スピリッツ」の順位を大発表!

  6. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  7. 『スマブラSP』設定の深さに思わずうなるスピリッツバトル10選

  8. 年末年始、友達や家族と集まって『スマブラSP』する時のオススメなファイターは?【読者アンケート】

  9. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  10. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

アクセスランキングをもっと見る