人生にゲームをプラスするメディア

Wiiの試遊台「Wiiステーション」が稼働開始―『大乱闘スマッシュブラザーズX』には待ちの列も

任天堂 Wii

Wiiの試遊台「Wiiステーション」が稼働開始―『大乱闘スマッシュブラザーズX』には待ちの列も
  • Wiiの試遊台「Wiiステーション」が稼働開始―『大乱闘スマッシュブラザーズX』には待ちの列も
  • Wiiの試遊台「Wiiステーション」が稼働開始―『大乱闘スマッシュブラザーズX』には待ちの列も
  • Wiiの試遊台「Wiiステーション」が稼働開始―『大乱闘スマッシュブラザーズX』には待ちの列も
  • Wiiの試遊台「Wiiステーション」が稼働開始―『大乱闘スマッシュブラザーズX』には待ちの列も
  • Wiiの試遊台「Wiiステーション」が稼働開始―『大乱闘スマッシュブラザーズX』には待ちの列も
任天堂は1月26日から全国の約30店舗にて、Wiiの試遊台「Wiiステーション」の運用を開始しました。これまでも、主要ゲームショップにはWiiの映像を上映するディスプレイが設置されていましたが、これにWiiリモコン2つを設置してゲームをプレイできるようにしたものです。第1弾としてプレイできたのは31日発売の『大乱闘スマッシュブラザーズX』です。

リモコンはコードで固定されていました


東京池袋のサンシャインシティ内にあるトイザらスでも「スマブラ最新作が体験できます」という大きな文字に、沢山のユーザーが集まり、プレイするために列を作っていました。

「Wiiステーション」でプレイできたのは、2人で戦う大乱闘(2分間)、アドベンチャーモード「亜空の使者」のスタジアム編とジャングル編(5分間)、そしてゲームの遊び方紹介のムービーでした。Wiiリモコンが2つ接続されていていることから、操作はWiiリモコン横持ちのみが可能でした。

また、『大乱闘スマッシュブラザーズX』ではゲームを紹介する3つ折りの冊子も配布されていました。こちらはゲームの内容を簡単に解説するもので、ファイター、ルール、操作方法、アイテム、一人用モード、通信などについて書かれています。

発売まであと僅かですが、遊べる台を見つけたら是非プレイしてみてください。設置店舗の情報もお待ちしています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂の不思議なキャラ10選

    任天堂の不思議なキャラ10選

  2. 家族にしたいポケモン21選・後編!おいしい・ちょっと怖い・カッコいいポケモンたち

    家族にしたいポケモン21選・後編!おいしい・ちょっと怖い・カッコいいポケモンたち

  3. 『ゼノブレイド2』天の聖杯「ホムラ」が1/7スケールフィギュア化!

    『ゼノブレイド2』天の聖杯「ホムラ」が1/7スケールフィギュア化!

  4. 『ゼノブレイド2』新要素「アドバンスドニューゲームモード」の詳細公開―強くてニューゲームとは一味違う?

  5. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

  6. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

  7. 任天堂、コントローラー訴訟で逆転勝利「特許侵害はなかった」

  8. 『スプラトゥーン2』次回アプデでもう少しだけ強化して欲しいブキ8選(Ver.2.2.2時点)

  9. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  10. 家族にしたいポケモン21選・前編!定番のポケモンから犬・猫系ポケモンも

アクセスランキングをもっと見る