人生にゲームをプラスするメディア

バンプレストの再編方式が決定―ゲームはBNGへ、バンプレストは景品事業に注力

バンダイとナムコは経営統合以来、事業の見直しと再編を行い、先日も上場子会社のバンダイビジュアルとバンダイネットワークスをTOBで完全子会社化しましたが、このたび、バンダイナムコホールディングスは再編の対象としていた傘下のバンプレストの再編についての詳細を明らかにしました。それによれば、バンプレストは業務用のゲーム機向けの景品事業に特化し、その外の事業は別会社に移るということです。

ゲームビジネス その他
バンプレストの再編方式が決定―ゲームはBNGへ、バンプレストは景品事業に注力
  • バンプレストの再編方式が決定―ゲームはBNGへ、バンプレストは景品事業に注力
  • バンプレストの再編方式が決定―ゲームはBNGへ、バンプレストは景品事業に注力
バンダイとナムコは経営統合以来、事業の見直しと再編を行い、先日も上場子会社のバンダイビジュアルとバンダイネットワークスをTOBで完全子会社化しましたが、このたび、バンダイナムコホールディングスは再編の対象としていた傘下のバンプレストの再編についての詳細を明らかにしました。それによれば、バンプレストは業務用のゲーム機向けの景品事業に特化し、その外の事業は別会社に移るということです。

まずバンプレストは新設分割で、バンプレスト販売およびBANPRESTO(H.K.)LTD.の株式を含む景品事業を新しく設立する株式会社バンプレストに継承し、今後は業務用のゲーム機向けの景品事業に注力します。子会社では、プレジャーキャスト及び花やしきはアミューズメント施設を運営するナムコに継承し、アートプレストはバンダイナムコホールディングスが継承します。旧バンプレストはバンダイナムコゲームスに合併し、家庭用、業務用のゲーム機事業はバンダイナムコゲームスが継承します。

これにより誕生する新生バンプレストは資本金1億円、総資産140億円、純資産84億円、売上高112億6800万円規模の会社となります。

バンダイナムコホールディングスは、これによって変化の速いゲーム市場において、開発や流通におけるノウハウやリソースを有効活用し、グループの総合力を発揮する体制が築けるとしています。

再編前、再編後
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

    「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

  2. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

    戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  3. 【TGS2008】コンパニオンレポート: レベルファイブ

    【TGS2008】コンパニオンレポート: レベルファイブ

  4. 『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

  5. 今週発売の新作ゲーム『F1 2018』『アトリエ アーランドの錬金術士1・2・3 DX』『STEINS;GATE ELITE』他

  6. ピンボールをデジタル化して後世に残したい・・・FarSight Studiosが始めたKickstarter

  7. 鎖に繋がれた美しき少女と共に世界に色と音を取り戻せ!VRステージクリア型謎解きゲーム『VoxEl』体験レポート

  8. スマホ版「ログレス」はこうして作られた。PCゲームしか開発経験のないチームが取り組んだゲームデザインの挑戦

  9. 「これは私の人生そのもの」―元マフィアの娘が『GTA V』を提訴、4000万ドルの賠償金を求める

  10. ゲームレーティングの現状を分析〜CEROレーティングに関する調査報告書が発売

アクセスランキングをもっと見る