人生にゲームをプラスするメディア

バンプレストの再編方式が決定―ゲームはBNGへ、バンプレストは景品事業に注力

バンダイとナムコは経営統合以来、事業の見直しと再編を行い、先日も上場子会社のバンダイビジュアルとバンダイネットワークスをTOBで完全子会社化しましたが、このたび、バンダイナムコホールディングスは再編の対象としていた傘下のバンプレストの再編についての詳細を明らかにしました。それによれば、バンプレストは業務用のゲーム機向けの景品事業に特化し、その外の事業は別会社に移るということです。

ゲームビジネス その他
バンプレストの再編方式が決定―ゲームはBNGへ、バンプレストは景品事業に注力
  • バンプレストの再編方式が決定―ゲームはBNGへ、バンプレストは景品事業に注力
  • バンプレストの再編方式が決定―ゲームはBNGへ、バンプレストは景品事業に注力
バンダイとナムコは経営統合以来、事業の見直しと再編を行い、先日も上場子会社のバンダイビジュアルとバンダイネットワークスをTOBで完全子会社化しましたが、このたび、バンダイナムコホールディングスは再編の対象としていた傘下のバンプレストの再編についての詳細を明らかにしました。それによれば、バンプレストは業務用のゲーム機向けの景品事業に特化し、その外の事業は別会社に移るということです。

まずバンプレストは新設分割で、バンプレスト販売およびBANPRESTO(H.K.)LTD.の株式を含む景品事業を新しく設立する株式会社バンプレストに継承し、今後は業務用のゲーム機向けの景品事業に注力します。子会社では、プレジャーキャスト及び花やしきはアミューズメント施設を運営するナムコに継承し、アートプレストはバンダイナムコホールディングスが継承します。旧バンプレストはバンダイナムコゲームスに合併し、家庭用、業務用のゲーム機事業はバンダイナムコゲームスが継承します。

これにより誕生する新生バンプレストは資本金1億円、総資産140億円、純資産84億円、売上高112億6800万円規模の会社となります。

バンダイナムコホールディングスは、これによって変化の速いゲーム市場において、開発や流通におけるノウハウやリソースを有効活用し、グループの総合力を発揮する体制が築けるとしています。

再編前、再編後
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』『スーパーロボット大戦T』『ルルアのアトリエ』『チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ!』他

    今週発売の新作ゲーム『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』『スーパーロボット大戦T』『ルルアのアトリエ』『チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ!』他

  2. ソーシャルに行ってしまった人を「G-cluster」で呼び戻す!クラウドゲーム機「G-cluster」発表会

    ソーシャルに行ってしまった人を「G-cluster」で呼び戻す!クラウドゲーム機「G-cluster」発表会

  3. 任天堂の時価総額が国内10位に、ソニーを抜く

    任天堂の時価総額が国内10位に、ソニーを抜く

  4. 【GDC 2015】統合開発環境「Unity 5」が遂にリリース、個人向けには全機能が無料で提供

  5. 【ゲーム×法律】ゲームの利用規約違反で制裁、どこまで許される?

  6. 【Autodesk×Unity】セガが語るUnityで作るiPhoneゲーム、そしてコンテンツ工学

  7. ハドソン、復刻版「シュウォッチ」の発売を中止

  8. 『キャサリン』がアトラス過去最高の北米セールスを記録

  9. 【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

  10. 「CRI ADX2」が実現した11人分の“理想の声”―『キャサリン・フルボディ』の緻密なサウンドデザインを開発陣に訊く

アクセスランキングをもっと見る

1