人生にゲームをプラスするメディア

CNET、投資ファンドから役員の交代提案―CNET、GameSpotなど運営

ゲームビジネス その他

CNET、ZENet、GameSpot、GameFAQs、Metactic、など多数のメディアを展開するシーネットネットワークスが投資ファンドから大幅な役員交代を迫られているとBloombergが伝えています。それによれば、同社の株式の21.3%を持つと主張するJana Partners LLCが新たに7人の役員を選任するように主張しているということです。

新しい役員リストの一人で元Ask Jeeves代表のPaul Gardi氏は「優れた役員陣さえあれば、素晴らしいスタッフ達はCNETのブランドをもっと輝かせる事ができます。私達はそのチャンスがあると確信しています」と述べています。

シーネットネットワークスは3四半期連続で赤字を計上していて、ナスダック市場が昨年一年間で約10%成長したにも関わらず同社株は1%未満の上昇しかありませんでした。同社では写真共有サイトWebshots.comを売却する一方、ビジネス向けサイトBNETを立ち上げています。

Janaでは、役員のうち2人をPaul Gardi氏とベンチャーキャピタルSpark Capitalの創業者のSanto Politi氏、Blockbuster Entertainmentの元社長に交代させた上で、役員数を5人増やし、元タイムワーナーAOL部門のF. Miller, former氏、Jaynie Studenmund氏、Julius Genachowski氏、Brian Weinstein氏、Giorgio Caputo氏を選ぶように提案しています。また、受け入れられれば2000万ドルの投資をする用意があるということです。

CNET側はデラウェア州の法律から1年未満の株式保有者はそのような提案ができないなどとして反発していて、先行きは不透明です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 最高の映像に負けない最高のサウンドはこうして作られた『ソウルキャリバーIV』インタビュー

    最高の映像に負けない最高のサウンドはこうして作られた『ソウルキャリバーIV』インタビュー

  2. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  3. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  4. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  5. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  6. 業績好調なアイディアファクトリーを直撃!外部技術を有効活用した開発体制

  7. 松野泰己氏、レベルファイブを去る ― 今後は充電期間に

  8. 今週発売の新作ゲーム『World of Warcraft: Battle For Azeroth』『The Walking Dead: The Final Season』他

  9. メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

  10. 【CEDEC 2011】世界に通じる万国共通の表現、それは「表情」

アクセスランキングをもっと見る