人生にゲームをプラスするメディア

E3、来年は7月にロスで開催

米国のゲーム業界団体、Entertainment Software Association(ESA)は、来年のE3の開催について発表を行い、2008年7月15日〜17日の日程で、ロサンゼルスコンベンションセンターにて実施する事を確認しました。日程は今年と変わらず、会場は前々回の会場に戻った形になります。ただし会場は戻ったものの、ビジネスミーティングやゲームを見せる事に注力し、以前のような大規模なショーには戻らないとしています。

ゲームビジネス その他
米国のゲーム業界団体、Entertainment Software Association(ESA)は、来年のE3の開催について発表を行い、2008年7月15日〜17日の日程で、ロサンゼルスコンベンションセンターにて実施する事を確認しました。日程は今年と変わらず、会場は前々回の会場に戻った形になります。ただし会場は戻ったものの、ビジネスミーティングやゲームを見せる事に注力し、以前のような大規模なショーには戻らないとしています。

「米国は世界で最もゲーム市場が大きく、E3 Media & Business Summitはそれを代表するイベントです。2008年はメディアや業界リーダーとの質の高い時間を提供します。私達はメディアや業界のトップエグゼクティブを歓迎し、彼らがレベル高いミーティングや人脈作りが出来ることを確信しています。また2008年のゲーム産業を形作るカンファレンスなどを通じて更に業界が広がる事を期待しています」とESAのMichael D. Gallagher代表は述べています。

E3は2006年まで毎年5月に開催され、世界中から多くの来場者と出展者が集まる世界最大のゲームイベントとして派手なブースと力の入ったカンファレンスで記憶されてきました。昨年、費用対効果などの問題で見直しがなされ、小規模で来場者を限った質の向上を目指した方向性に向かっています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  2. グラフィックはどうでもいいと言う人がいるが、それは嘘だ-ベセスダ幹部

    グラフィックはどうでもいいと言う人がいるが、それは嘘だ-ベセスダ幹部

  3. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

    JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  4. 【DEVELOPER’S TALK】「もうPS3には戻れない」と言わせたい、開発チームが挑んだゲームサウンド演出 PS4『龍が如く 維新!』インタビュー(後編)

  5. 新作音ゲー『オンゲキ』が稼働前に体験できる「おためしプレイ会」が開催!

  6. 【特集】今のゲーム業界は人材不足、じゃ“就職できない人”はなぜいるの?HAL東京のゲーム学部に迫る

  7. 松野泰己氏、レベルファイブを去る ― 今後は充電期間に

  8. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  9. 【週刊マリオグッズコレクション】第41回 今回で最後!?『マリオギャラクシー』プライズ

  10. 【CEDEC 2009】「慣れると死ぬぞ」富野由悠季氏がゲーム業界に向けた厳しくも優しい言葉

アクセスランキングをもっと見る