人生にゲームをプラスするメディア

学術団体AIASが久多良木健氏に生涯功労賞―プレイステーションの父

米国の学術団体、インタラクティブ芸術科学アカデミー(AIAS / The Academy of Interactive Arts & Sciences)は、元ソニー・コンピューター・エンターテイメントの久多良木健氏に生涯功労賞を授与すると発表しました。授賞式は来年2月7日にD.I.C.E.サミット2008に合わせて開催される、Interactive Achievement Awardsに合わせて実施されます。

ソニー PS3
米国の学術団体、インタラクティブ芸術科学アカデミー(AIAS / The Academy of Interactive Arts & Sciences)は、元ソニー・コンピューター・エンターテイメントの久多良木健氏に生涯功労賞を授与すると発表しました。授賞式は来年2月7日にD.I.C.E.サミット2008に合わせて開催される、Interactive Achievement Awardsに合わせて実施されます。

「久多良木健の情熱、革新的な考え、ビジネスの経験は、留まる事の無い変化を巻き起こしました。もし彼がプレイステーションの最初のコンセプトを生み出さなければ今日の何億ドルのこの市場は全く異なるものであったでしょう。彼の行動は明らかにデベロッパー、パブリッシャー、そして消費者の現在を形作りました」とAIAS代表のJoseph Olin氏は述べています。

「プレイステーションの父」と呼ばれる久多良木氏は1975年にソニーに入社、技術者として任天堂とゲーム機開発に携わった後、1994年にプレイステーションを立ち上げ、大きな成功に導きました。プレイステーション2も成功させ、一時はソニー本体の役員も兼ねましたが、プレイステーション3の立ち上げの失敗などで退任、現在はSCE名誉会長を務めます。

AIASの生涯功労賞は今年は、任天堂オブアメリカの創業者で米国でのゲームビジネスの発展に大きく寄与した荒川實氏と、任天堂オブアメリカの会長を務め荒川氏の二人三脚で米国ビジネスを拡大させてきた、現マリナーズCEO、ハワード・リンカーン氏に授与されています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『バトルフィールドV』、元1等陸尉がその戦場を歩く-マルチで戦車に乗ってみた編

    『バトルフィールドV』、元1等陸尉がその戦場を歩く-マルチで戦車に乗ってみた編

  2. 『モンハン:ワールド』超大型DLC「アイスボーン」や『ウィッチャー3』コラボ、新歴戦王など―新情報をまとめてお届け

    『モンハン:ワールド』超大型DLC「アイスボーン」や『ウィッチャー3』コラボ、新歴戦王など―新情報をまとめてお届け

  3. 『キングダムハーツ III』ファイナルトレイラー公開!公式サイトのシステムページもオープン

    『キングダムハーツ III』ファイナルトレイラー公開!公式サイトのシステムページもオープン

  4. 【吉田輝和の絵日記】『ジャストコーズ4』グラップリングアクションで大暴れ―『FF』っぽい飛空艇も作った!

  5. 『バトルフィールドV』、元1等陸尉がその戦場を歩く―シングルプレイヤー編

  6. 「プレステクラシック」にも収録される『サガ フロンティア』の6つのすばらしさを語ろう

  7. 『モンハン:ワールド』×『ウィッチャー3』コラボ、安心感ハンパない吹替トレイラー!「これだから門は嫌いなんだ」

  8. 『キングダム ハーツIII』海外での流出を受けディレクター野村氏がコメントを発表

  9. 尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】

  10. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

アクセスランキングをもっと見る