人生にゲームをプラスするメディア

【プレゼントあり!】『アラド戦記』次期アップデート「Act.4」を体験できるファンイベント開催

PCゲーム オンラインゲーム


11月17日、NHN Japanは約30名のユーザーをオフィス内に招き、ファンイベントを開催しました。イベントは「2007 アラド戦記 セリアとの懇談会」と名付けられたアットホームな雰囲気のもの。司会進行は、ゲーム内NPCから飛び出した"セリア"さんです。
招待されたユーザーには、ひとり1台ずつパソコンが用意され、11月21日(水)に実装されるアップデート「Act.4 神よ、我が祈りを…」を自由にプレイできました。

イベントを開催するにあたり、NHN Japan ゲームエンタープライズ事業部・杉浦俊輔氏は、「新社屋にユーザーを招いてイベントを行なうのは初めての試みです。本日は時間はたっぷり用意してあるので、11月21日にアップデートされるAct.4を思う存分楽しんでほしい」と挨拶しました。

ユーザーに手配されたパソコンには、Act.4で追加されるキャラクターのプリーストと、強化されたメイジがあらかじめセットアップされていました。イベント中は自由に遊ぶことができ、参加したファンは存分に堪能したようです。

イベントの内容は、Act.4の詳細紹介や、GMとユーザーの一騎打ち対戦、今後予定されている「日韓アラド戦記決戦大会」の概要発表、「ミスアラドコンテスト」の告知など盛りだくさん。また、当日は韓国から開発元・ネオプルのスタッフも駆けつけており、さまざまな意見交換がなされていました。

杉浦氏による、Act.4の紹介。新キャラクター、プリーストの映像に参加者の目は釘付け


10月24〜25日に開催された「GM百人斬り」イベントで最下位だったGMナゲール氏は、責任を感じて坊主になって登場。本人曰く「ケジメをつけてきた!」とのことです


「ミスアラド」の選考会も開催。発表された10名から、本日の投票で5名に絞られる。そして後日、公式サイトにて一般ユーザーからの投票を受け付ける予定です


■日韓アラド戦記大会の予選は12月5日スタート!

日韓のアラド戦記チャンピオンを決定する大会が、2008年1月末に予定されています。NHN Japan GEプロモーション マネージャー・立花正彦氏は大会の概要を紹介しました。

日本の予選は12月5〜17日に開催され、日本代表を決める決勝戦は12月26日から。決勝戦に進めるのは、サーバーごとの上位8名。予選は期間内に獲得した勝敗ポイントで競われる予定です。そして、日本決勝戦はリーグ戦で開催され、上位4名が日本代表選手として選抜されます。

このような大会は韓国で盛んに行なわれており、実はいま現在も大きな大会が進行中とのことです。その大会の運営を行なっているサムスン電子から、D&Fプロモーション担当・Jimmy Lim氏が訪れ、「このゲームの大会は盛り上がっていて、とてもハデな大会になっている。トーナメント方式で現在第三回戦まで進んでいる。賞金240万円がかかっているから、みんな真剣です」と、韓国での現状を紹介しました。

サムスン電子のJimmy Lim氏。日本の予選大会にも興味津々のようでした


■攻略本やコスプレ衣装も続々!

『アラド戦記』のオフィシャルガイドブックが、ゴマブックスから発売予定。会場には制作を担当している竹村氏と林氏が訪れ、ガイドブックに内容について紹介しました。

ガイドブックには、ユーザーなら誰もが悩むキャラクターの育成や手順の紹介の他に、すべてのダンジョンマップ、ボスキャラクターのデータまで掲載されています。本書の発売は2007年12月から2008年明けにかけてとのこと。

現在鋭意制作中のオフィシャルガイドブック。年末から来年にかけて発売される予定です


そして、クリアストーンからは、『アラド戦記』のコスプレ衣装が紹介されました。ライセンス管理リーダー・橋本氏は、最近どんどん高価になっているコスプレ衣装について言及し、「私たちの商品は誰にでも買いやすいように、価格は1万〜3万円に設定した商品開発を行なっています。男性用にガンナー装備も開発中」とコメントしました。

『アラド戦記』のコスプレ衣装。男性用のガンナー衣装は参考展示品なので、商品化される際には若干の変更があるかもしれません


■イベントのラストは称号授与式と質疑応答

イベントの最後は、もうひとつの目玉とも言える「称号授与式」でした。司会のセリアさんがユーザーをひとりずつ呼んで、記念品の授与式を行いました。すべてのユーザーへ授与が終わると、開発者とユーザー間の意見交換タイム。一般的な質疑応答はユーザーから開発へ向けたものが多いが、今回は開発スタッフからユーザーへの質問も多かった。質問のなかには、「普段『アラド戦記』よりも遊んでいるゲームは?」といった鋭い質問もありました。

称号授与式の様子。ユーザーがステージ前に出ると、会場からは拍手で迎えられました


ユーザーと開発スタッフによる意見交換。「ゲームパッドは使うか?」との質問に対して、ほぼ全員の参加者が挙手をすると、開発スタッフは驚いていました。日韓のプレイスタイルの違いを感じ取ってもらえたようです


最後に、NHN JapanさんからWebMoney3枚をいただいたので、読者の方にプレゼントします! 応募は下記のリンクから!
締め切りは2007年12月3日(月)13時まで、ふるってご応募ください。
《佐藤隆博》

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

    【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  2. スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

    スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

  3. 余命1時間の文明構築サバイバル『One Hour One Life』販売開始! 世代をまたいで発展を目指す

    余命1時間の文明構築サバイバル『One Hour One Life』販売開始! 世代をまたいで発展を目指す

  4. 【特集】「一度見たら忘れない!洋ゲー強烈女子」10選

  5. 「Steam ハロウィンセール」11月3日まで開催 ―『The Witcher 3』をはじめ大型タイトル満載

  6. 『P.T.』の影響受けた新作サイコホラー『Visage』の早期アクセスが開始!

  7. PC版『モンハン:ワールド』に受付嬢をぽっちゃり化するModが登場ー想像以上に太ましく

  8. 今からはじめる『マインクラフト』マルチプレイ ― 公式サーバー「Realms」導入解説ガイド

  9. PC『シムシティ 2000』が無料で配布中!クラシックな街作りシミュを今すぐゲット

アクセスランキングをもっと見る