人生にゲームをプラスするメディア

ビデオゲームの父が現在のゲームを痛烈批判

ゲームビジネス その他

伝説のゲームメーカー・アタリの創業者で、現在もゲームがプレイできるバーuWinkを展開するなど精力的に活動し、ビデオゲームの父とも呼ばれるノーラン・ブッシュネル氏がElectronic Designとのインタビューで、最近のゲームについて痛烈に批判しています。

「今日のビデオゲームは終わりに向かって競争しているようなものです。全く純粋にクズで、とても悲しい」とブッシュネル氏は述べています。ただし、どんなゲームも、ゲームメーカーも名指しはしていません。

現在はカジュアルでソーシャルなゲームを提供するuWinkという店舗を開業しています。それについてブッシュネル氏は「多くの今日のゲームは隔絶されていて、両親や兄弟と一緒にプレイするという事が本当に少なくなりました。昔のモノポリーのようなものがありました。それがあればきっと家族に素晴らしい時間をもたらすはずです」と説明しています。

家族を繋ぐようなゲームを期待したい、ということでしょうか。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

    【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  2. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  3. 海外の日本コンテンツ市場は、アニメ・マンガ・ゲーム中心の展開に ― 「メディアとコンテンツの産業・市場」レポート

    海外の日本コンテンツ市場は、アニメ・マンガ・ゲーム中心の展開に ― 「メディアとコンテンツの産業・市場」レポート

  4. 美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

  5. 【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

アクセスランキングをもっと見る