人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、時価総額が10兆円を突破

そろそろこの手のニュースも飽きてくるところですが、それほどまでに勢いが止まらない任天堂株です。本日の東京株式市場は先週末の米国株市場の上昇や円安を受けて上昇、上場来高値を連日更新する任天堂株は先週末と比べて+3600円の71300円、時価総額は遂に10兆円を突破し、10兆1010億円となりました。時価総額ではトヨタ自動車、三菱UFJフィナンシャルグループに次いで第3位。

ゲームビジネス その他
そろそろこの手のニュースも飽きてくるところですが、それほどまでに勢いが止まらない任天堂株です。本日の東京株式市場は先週末の米国株市場の上昇や円安を受けて上昇、上場来高値を連日更新する任天堂株は先週末と比べて+3600円の71300円、時価総額は遂に10兆円を突破し、10兆1010億円となりました。時価総額ではトヨタ自動車、三菱UFJフィナンシャルグループに次いで第3位。

ゲーム関連では『モンスターハンター3』をWii向けに発売すると発表したカプコンが連日の高値を更新しており、15日の終値は3240円(先週末比+200円)となっているほか、任天堂に部品を供給するホシデン2035円(+134)、ミツミ電機5600円(+110)、メガチップ2360円(+40)といったメーカーも好調です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

    【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  2. 2019年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2019年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. 任天堂東京製作部を探る

    任天堂東京製作部を探る

  4. 『ドラゴンクエスト』新規HDタイトルの発足が明らかに!“次なる世代に向けたドラクエならではの挑戦”を始めている

  5. 【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

  6. 『バンジョーとカズーイの大冒険〜グランティの復讐』が携帯向けに国内初上陸

  7. 高橋名人を超えろ!シュウォッチ連射大会「21世紀の連射王は誰だ!」

  8. ゲーマー向け出会いサイトが海外でスタート−「Edge」のFuture Publishingがプロデュース

  9. PC版『バイオハザード5』画面分割を望む声、海外で高まる

  10. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

アクセスランキングをもっと見る

1