人生にゲームをプラスするメディア

『スイングゴルフ パンヤ 2nd ショット!』について柴田プロデューサーに聞きました!

いよいよ11月29日の発売が決定したWii向け『スイングゴルフ パンヤ 2ndショット!』ですが、東京ゲームショウ2007ではいち早く体験することができました。インサイドでは本作のプロデューサーを務めるテクモの柴田剛平氏と広報の鶴蒔さんにお話を聞くことができました。それではどうぞ。

任天堂 Wii
スイングゴルフ パンヤ 2nd ショット!
  • スイングゴルフ パンヤ 2nd ショット!
  • スイングゴルフ パンヤ 2nd ショット!
  • スイングゴルフ パンヤ 2nd ショット!
  • スイングゴルフ パンヤ 2nd ショット!
  • スイングゴルフ パンヤ 2nd ショット!
  • スイングゴルフ パンヤ 2nd ショット!
  • スイングゴルフ パンヤ 2nd ショット!
  • スイングゴルフ パンヤ 2nd ショット!
いよいよ11月29日の発売が決定したWii向け『スイングゴルフ パンヤ 2ndショット!』ですが、東京ゲームショウ2007ではいち早く体験することができました。インサイドでは本作のプロデューサーを務めるテクモの柴田剛平氏と広報の鶴蒔さんにお話を聞くことができました。それではどうぞ。

―――Wiiで第二弾となります。まず『2ndショット!』の開発の経緯を聞かせてください

柴田: はい、前作『スイングゴルフ パンヤ』はWiiのロンチタイトルとして開発しました。好評の声も沢山いただきましたが、作り手側としては「もっとこうしたい」という部分も色々出てきたところ、版権元のNtreevの方達も同じ気持ちを持っていたので、じゃあ続編をやろうという事で決まりました。

前作からの変更点でいうと、本作では、一人でじっくり遊べる「ツアーモード」を追加しました。これはゴルフ(の試合)を勝ち進みマップを踏破していくモードです。プレイヤーはまっすぐゴールを目指して進む事もできますし、寄り道してアイテムの獲得を目指したり、より難しいコースにチャレンジする事も出来ます。みんなで遊べる「パーティモード」も「バルーンクラッシュ」に加えて、二アピンを狙って競い合う「アプローチダーツ」と、飛距離を競い合う「ブーストドラコン」を追加しました。単なる飛距離じゃなくて、空中にブースターゲートというリングがあって、それを連続でくぐっていくとどんどん飛距離が増していくような、戦略も考えて遊べるようなゲームです。

今回はユーザーからの声を徹底的にリサーチして、こうして欲しいというリクエストや、ここがこうだったら、という要望をいろいろ実装できたと思います。また、それだけじゃなくて、Wiiリモコンをスイングして快適にゴルフゲームを楽しんで欲しいという原点に戻って、基本的なプレイの部分でもかなりブラッシュアップされています。ボタン操作でももちろん遊べますよ。



―――Wiiリモコンの使い方という面でもパワーアップしているようですね

柴田: ええ。前回はどうしてスイングが上手く行ったのか、もしくは、どうして曲がってしまったのか、というのは感覚的にしか分からなかったので、今回はスイングバロメーターという新しいインターフェースを搭載しています。斜めにスイングすると矢印で表示してくれるので、一目で(自分がどんなスイングだったのか)分かって調整できるんです。素振りもできるので、本物のゴルフみたいに自分のスイングの調子を見て、素振りで調整しながら打つことができるようになっています。

それでもやっぱりコツを掴むまでなかなか大変な場合もあるので今回は「ラッキーインパクトクラブ」という新しいアイテムを追加しました。どんな振り方をしてもナイスショットが出るクラブです(笑)。でもスイングバロメーターはちゃんと出るので、ストレスなく気分良くホールを回って貰いながら(正しいスイングの)感覚を掴んでもらえると思います。

『パンヤ』では真っ直ぐ打つとパンヤコンボゲージというのがたまっていって、一定まで溜まるとスペシャルショットが打てるんです。「ラッキーインパクトクラブ」でもちゃんと真っ直ぐ打てるとパンヤコンボゲージが溜まるので、正しいフォームで打つことにちゃんとゲーム的なメリットがあり、楽しみながらストレスを感じずに上達できると思います。

鶴蒔: ゲームとして楽しみながら上手くなっていけるように、、前作を遊んでもらったユーザーさんがもっと気持ちよく、もっとシンプルに遊んでもらえるように、ちょっとわかりづらかったところへの改善アプローチがかなり細やかにされているので、遊びやすくなっていると思います。

柴田: 実際、昨日は声優さんのトークショーでのパーティモード対決で僕が負けちゃって、僕が使っていたのがふつうのクラブで向こうは「ラッキーインパクトクラブ」だったんです。それくらい初心者でもすぐにプレイできて、慣れたプレイヤーと対戦しても楽しめるようになっていますよ。



―――今回声優さんを起用された理由というのは

柴田: 実はこれも前回のユーザーさんからのご要望にお答えして取り入れた要素です。PC版ではキャラクターのイメージはユーザーさんがそれぞれ持っているものだから、ということで声は入れてなかったんです。Wii版は家庭用で新しい価値観というか、キャラクターの魅力を表現しようということでNtreevさんと検討して、キャラクターボイスの実装が実現しました。

声が入ると一人でプレイしている時でもキャディーさんが「ここはちょっと飛ばそうよ」とか「慎重に打ってね」とか「がんばって」とか言ってくれるので、よりキャラクターの魅力が感じられるし、プレイ感覚的にも面白くなったと思います。

収録現場にも立ち会ってたんですけど、この声を聞きながらゲームをプレイできたら楽しいな、って。パーティでやっても盛り上がるし、一人で遊んでも楽しいゲームになったんじゃないかと思います。



―――「Wiiザッパー」に続いてゴルフゲームのアタッチメントなんてどうですか?

柴田: 面白いとは思うんですけど、実際に遊びやすいのかなあという疑問もあって(笑)。ギャグとしてオリジナルの手袋なんかは面白いと思うんですけどね。こういうのって、特殊な操作をするガンシューティングや、レースのハンドルなんかは雰囲気が出るんだろうなと思います。

―――会場でお客さんが遊ばれてる様子は見られましたか?

柴田: もちろんです。非常にみなさん楽しそうに遊んでいただいていて、ちょっと遊んだだけでコツを掴む方もいて、試遊台でバーディ出してる様子なんか見ると、ちゃんと楽しんでもらえて良かったと思いますね。今回いくつかゴルフゲームが出展されていますが、「パンヤ2ndショット!」はゲーム内容的に最も簡単・快適に遊べて、かつ最もスポーティだと思いますよ(笑)!

―――意外と言っては失礼ですが、小さな子供たちも遊んでいるんですよね

鶴蒔: そうなんですよね。もともとキャラクターには根強い人気があるんですが、前作が発売してからご年配の方からの問い合わせもかなり頂きましたし、今日も親子連れで遊びに来られたりしている方を多くお見かけしました。ファンタジーな世界観なので、ゴルフゲームファンならずとも興味を持っていただけるんでしょうか。

柴田: PC版の方はファンタジーでどちらかというとアニメ的な要素の強い世界観なんですが、Wii版はそれをもっとカジュアルに表現したというか、親しみやすいデザインにしてます。そういった部分が幅広い方に親しみやすかったんじゃないかと思いますね。

―――似たようなゴルフゲームが出てましたが

柴田: ええ。ただ棲み分けが出来ると思うんですよね。パンヤはゲームならではの溶岩の流れるコースだとか、南極の氷の上でプレイするとか、軍艦の上でプレイするみたいな中々普通じゃ出来ないような楽しみ方ができるし、その一方でゴルフ自体は作り込んであってゴルフゲームとしてリアルに楽しめるんですね。多分、南極でゴルフをするなんて絶対に有り得ないけど、でもちょっとやってみたいと思いませんか?そういう所を楽しんで貰えればと思いますね。

また、Wiiリモコンの実際のスイングそのものがゲーム中のショットとして反映されるので、スポーティに遊べると思いますし、しかも遊びやすくなっているので是非試してもらいたいです。

―――そろそろWi-Fiに対応してもらえませんでしょうか

柴田: 開発の中でもその話は何度も出たんですが、PC版がネットワーク上で知り合った人達と対戦するというゲームが成り立っていて、それに対して僕らが一番出来る事って何だろうって考えた時に、コンソールゲームの一番のウリは家族や友達みんなで実際に集まってワイワイ遊べる事だと思ったんです。顔が見える人たちと、騒ぎながらだったり、ちょっと騙したりしながら。そこが一番の面白さだと思うので、Wi-Fiに対応することよりもパーティモードのようなゲームの中身を強化することを重視しました。

―――ありがとうございます。最後に期待している読者に一言お願いします

柴田:『スイングゴルフ パンヤ 2nd ショット!』には、一人でじっくり遊ぶモードも、みんなでワイワイ楽しむモードもありますし、スイングの操作も手触りもかなりテンポの良いゴルフゲームとして仕上がってますので、ゲームをやっていくと自分が上手くなっていくのを実感できると思います。コンピュータの対戦相手の思考システムも、初心者の方から上級者の方まで楽しんでもらえるように改善しましたので、スポーティにゴルフを楽しめて、ゴルフゲームの決定版と言っても過言のないソフトに仕上がっていますよ。一本持っていて損のないゲームだと思いますので、是非発予定の11月29日まで楽しみにお待ち下さい。どうぞよろしくおねがいします!
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スーパーロボット大戦T』オススメのユニットは?ユーザーの選んだ最強機体を一挙ご紹介【読者アンケート】

    『スーパーロボット大戦T』オススメのユニットは?ユーザーの選んだ最強機体を一挙ご紹介【読者アンケート】

  2. 『スーパーロボット大戦T』「アップデートVer.1.03」&有料DLC「周回プレイ支援パック」配信開始!周回プレイが更にアツく、快適に

    『スーパーロボット大戦T』「アップデートVer.1.03」&有料DLC「周回プレイ支援パック」配信開始!周回プレイが更にアツく、快適に

  3. 『スーパーロボット大戦T』オススメのパイロットは?各作品の主人公を中心に熱いコメントが続々!【読者アンケート】

    『スーパーロボット大戦T』オススメのパイロットは?各作品の主人公を中心に熱いコメントが続々!【読者アンケート】

  4. スイッチ『スーパーリアル麻雀PVI』23年の時を経て復刻リリース─便利なガイド機能やミニゲーム「搾乳でポン」も搭載

  5. 「PayPal」なら、クレカがなくても銀行口座で『スマブラSP』の「ジョーカー」が買える! スイッチでDLゲームやDLCを買う方法を解説、さらに300円引きクーポンも!

  6. 任天堂、「E3 2019」のライブ配信日程を公表―ニンテンドーダイレクトは6月12日午前1時より放送

  7. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  8. 『スーパーロボット大戦T』TACマネージメントのGRADEごとのオススメは?スパロボあるあるの悩みが見える結果に【読者アンケート】

  9. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  10. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

アクセスランキングをもっと見る

1