人生にゲームをプラスするメディア

シリコンナイツ社長、「Wiiがずっと人々の関心を掴めるかは疑問」

以前は任天堂も出資するセカンドパーティとして『エターナルタークネス〜招かれた13人』を共同開発し、KONAMIも加えたコラボレーションで制作された『メタルギアソリッド: ザ・ツインスネークス』も手掛けたカナダのデベロッパー、シリコンナイツのデニス・ダイアック社長はGamasutraとのインタビューでWiiについて、「この世代の終りまで人々の興味を掴んでいれるかは疑問」(Wii/PS3/Xbox360という世代)と述べました。

任天堂 Wii
以前は任天堂も出資するセカンドパーティとして『エターナルタークネス〜招かれた13人』を共同開発し、KONAMIも加えたコラボレーションで制作された『メタルギアソリッド: ザ・ツインスネークス』も手掛けたカナダのデベロッパー、シリコンナイツのデニス・ダイアック社長はGamasutraとのインタビューでWiiについて、「この世代の終りまで人々の興味を掴んでいれるかは疑問」(Wii/PS3/Xbox360という世代)と述べました。

現在、ゲーム市場をリードしているWiiについての見解を求められたダイアック氏は、「Wiiを見たとき、確かに非常に上手くいっているし、人々は手に掴もうとしています。しかし疑問に思うのは、すぐにみんな慣れてしまうんじゃないかということです。とてもクールなハードです。でも"2、3年後に何が出来るか"ということです。人々は技術に直ぐ慣れてしまいます」と述べています。

そして「彼らは直ぐ慣れます。そして『Wii Sports』よりも多くのものを求めます。それはパーティゲームかもしれません。彼らはもっと慣れていきます。疑問はこうです。"Wiiはもっと洗練されたテクノロジーを備えたPS3やXbox360といったプラットフォームに対抗できるハードなのか"ということです。Wiiは人々に入口として素晴らしい役割を果たしました。しかしこの世代の最後まで興味関心を得続ける事ができるかどうか疑問に思います」と続けます。

インタビューではその他にゲーム作りなど様々な事柄について述べられています。ご興味のある方はどうぞ。
《土本学》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン3』×『ポケモン』コラボフェス開催決定!お題は「パートナーに選ぶならどのタイプ? くさ vs ほのお vs みず」

    『スプラトゥーン3』×『ポケモン』コラボフェス開催決定!お題は「パートナーに選ぶならどのタイプ? くさ vs ほのお vs みず」

  2. 『ポケモン スカーレット・バイオレット』の「キャラメイク」で作れる“可愛さ”は性別を超えた!? 男の子もゆるふわヘアーでバサバサまつげ!

    『ポケモン スカーレット・バイオレット』の「キャラメイク」で作れる“可愛さ”は性別を超えた!? 男の子もゆるふわヘアーでバサバサまつげ!

  3. 『スプラトゥーン3』サーモンランの「テッキュウ」はサボってるワケじゃない…!“現場を見てない上司”のトンデモ評価に「ウチの会社じゃん」

    『スプラトゥーン3』サーモンランの「テッキュウ」はサボってるワケじゃない…!“現場を見てない上司”のトンデモ評価に「ウチの会社じゃん」

  4. 『遊戯王 マスターデュエル』10月11日に新パック登場!「氷水帝コスモクロア」や「マリンセス」強化カード追加へ

  5. 『スプラトゥーン3』をGoogle検索するとインクが塗れる!イカした仕掛けが公開中

  6. 色違いの「ムゲンダイナ」が貰える!『ポケモン ソード・シールド』でプレゼントキャンペーン開催決定

  7. 『ファイアーエムブレム エンゲージ』平和を臨む心優しき王女「セリーヌ」紹介!魔道に長け、剣も扱える実力者

  8. 『スプラトゥーン3』特定条件で「キンメダイ美術館」の塗り面積が不平等に―「スタートダッシュ杯」の使用ステージからも除外

  9. 『ポケモン スカーレット・バイオレット』新ポケモン「リキキリン」は、新特性「はんすう」「テイルアーマー」持ち! ユニークな見た目も必見

  10. 映画『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』の映像が世界初公開!生みの親、宮本茂氏も「ぜひ映画館にきて、皆でマリオを応援して」

アクセスランキングをもっと見る