人生にゲームをプラスするメディア

日本一ソフトウェア、PS以外のプラットフォームも検討

ゲームビジネス その他

6月13日にジャスダックへの上場を果たした日本一ソフトウェアですが、これまではプレイステーションプラットフォームを中心に事業を展開してきました。この点に関して社長の北角浩一氏は幾つかの媒体で考えを述べています。

証券新報では「ハードについてはここ数年プレステを最も普及したハードとして捉えてきた。しかし、WiiやニンテンドーDSが伸びてきており、当社ではユーザーの間口が広がったとも考えており、新しいハードについても検討していきたい」と述べて、任天堂プラットフォームでの考えも示しています。

また公式サイトからリンクされているJASDAQ上場トップインタビューでは「やはりソフトハウスですので、より多くの方に当社の制作したゲームを楽しんでもらいたい。他のプラットフォームに関しては時期が来ているのかどうか、という点で検討しているところです」と話しています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

    Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  2. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

    日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  3. 【レポート】「黒川塾(四十)」バイトからゲーム界レジェンドへ。坂口博信、そのクリエイター人生を振り返る

    【レポート】「黒川塾(四十)」バイトからゲーム界レジェンドへ。坂口博信、そのクリエイター人生を振り返る

  4. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  5. 【NDC17】『HIT』のグローバルでの成長方法―各国の売上や人気キャラも明らかに

  6. VRコントローラー「Oculus Touch」をどう使う? 違和感ない操作をOculusのエンジニアがアドバイス

  7. ラーメン屋VRゲーム『カウンターファイト』に挑戦!大繁盛で店主ヘロヘロ…

  8. 100億円強を集めたゲーム会社「ソシエゴ」に捜査・・・クライマックス・内藤氏は関与を否定

  9. ソニックファンの少年、ハリネズミを飼う権利を勝ち取る

  10. Cygames、ウメハラ氏ら所属のプロチーム「Cygames Beast」を発足

アクセスランキングをもっと見る