人生にゲームをプラスするメディア

ハドソン、豪州でもバーチャルコンソールのサービスを開始

ハドソンはWiiで過去のゲームがプレイできる「バーチャルコンソール」のサービスに積極的に展開していますが、このたび今年7月から日本・北米・欧州に続いて豪州でもダウンロードサービスを開始し、年内に60タイトル以上のTurboGrafx16(PCエンジン)用のゲーム作品を配信していくと発表しました。

任天堂 Wii
ハドソンはWiiで過去のゲームがプレイできる「バーチャルコンソール」のサービスに積極的に展開していますが、このたび今年7月から日本・北米・欧州に続いて豪州でもダウンロードサービスを開始し、年内に60タイトル以上のTurboGrafx16(PCエンジン)用のゲーム作品を配信していくと発表しました。

現在のところ具体的な名前としては『Bonk's Adventure(PC原人)』と『Bomberman'93(ボンバーマン'93)』が挙げられています。価格はそれぞれ600Wiiポイント〜となります。



ハドソンではこれまでに日本国内で33タイトル、北米では24タイトル、ワールドワイドでは他社タイトルも含めて78タイトルをバーチャルコンソールのプラットフォームで配信中で、非常に好調に推移しているということです。

PCエンジンはNECホームエレクトロニクスとハドソンが共同開発したゲーム機で、TurboGrafx16はその海外版として1989年から北米で、欧州ではTurboGrafxとして発売になっています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

    『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

  2. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

    『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  3. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

    『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  4. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  5. 『スマブラSP』特定のスピリッツが出現しやすい「スピリッツイベント」12月14日より開催! “メガネキャラ”ゲットのチャンス

  6. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  7. 『スマブラSP』今作のCPUは過去最強!?あなたのCPUに対する評価はどれくらい?【アンケート】

  8. 『スマブラSP』に『ペルソナ5』のジョーカーが追加コンテンツとして参戦!【TGA 2018】

  9. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  10. 『スマブラSP』DLCでの参戦を決めた「ジョーカー」の特別イラストが早速公開!

アクセスランキングをもっと見る