人生にゲームをプラスするメディア

『スパイハンター』の映画はまだ制作中、監督はポール・W・S・アンダーソン

ゲームビジネス その他

その昔、ミッドウェイ・ゲームスとユニバーサル・ピクチャーズは『スパイハンター』を題材とする映画を製作すると発表していました。インサイドの過去記事を検索すると2003年の事だったようですが、まだ日の目を見ていません。しかし映画情報サイトVariety.comによればまだお蔵入りにはなってないそうです。

映画は「バイオハザード」や「エイリアン vs プレデター」を手がけた映画監督のポール・W・S・アンダーソン氏が手掛けており、Michael Brandt、Derek Haas、Zak Penn、Stuart Beattieといった脚本家が参加しているそうです。2004年ごろはジョン・ウー監督が手掛けるとされていました。

ゲーム『スパイハンター』は変形することができる武装したマシンを使った自動車格闘とよばれる種類のレースゲームで、アーケード初期からの作品で、ゲームキューブなどのひとつ前の世代で復活を遂げました。今回の映画では今までのゲームとは異なるストーリーを採用し、秘密の政府組織の元でテロリストとの戦いを進めていくという様子が描かれるということです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  2. 「これは私の人生そのもの」―元マフィアの娘が『GTA V』を提訴、4000万ドルの賠償金を求める

    「これは私の人生そのもの」―元マフィアの娘が『GTA V』を提訴、4000万ドルの賠償金を求める

  3. ドン・キホーテでVR動画スターターセットが先行発売! DMMで使える動画ポイント付き

    ドン・キホーテでVR動画スターターセットが先行発売! DMMで使える動画ポイント付き

  4. 【ほらてくっ!】ホラー×テクノロジーで世界を変えていく株式会社“闇”社長とのゆるゆるな対談、はじまります

  5. 2017年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  6. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  7. ダイバーシティでVR『バイオハザード7』を体験するチャンス!ジャック・ベイカーの等身大フィギュアも登場

  8. 【インディペンデントゲームジャパン】大ヒットを続ける『パズドラ』の1年を5つの事実で振り返る

  9. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  10. コナミ、新社長に上月拓也氏・・・上月景正氏は会長に専念

アクセスランキングをもっと見る