人生にゲームをプラスするメディア

『スパイハンター』の映画はまだ制作中、監督はポール・W・S・アンダーソン

ゲームビジネス その他

その昔、ミッドウェイ・ゲームスとユニバーサル・ピクチャーズは『スパイハンター』を題材とする映画を製作すると発表していました。インサイドの過去記事を検索すると2003年の事だったようですが、まだ日の目を見ていません。しかし映画情報サイトVariety.comによればまだお蔵入りにはなってないそうです。

映画は「バイオハザード」や「エイリアン vs プレデター」を手がけた映画監督のポール・W・S・アンダーソン氏が手掛けており、Michael Brandt、Derek Haas、Zak Penn、Stuart Beattieといった脚本家が参加しているそうです。2004年ごろはジョン・ウー監督が手掛けるとされていました。

ゲーム『スパイハンター』は変形することができる武装したマシンを使った自動車格闘とよばれる種類のレースゲームで、アーケード初期からの作品で、ゲームキューブなどのひとつ前の世代で復活を遂げました。今回の映画では今までのゲームとは異なるストーリーを採用し、秘密の政府組織の元でテロリストとの戦いを進めていくという様子が描かれるということです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  2. VR『ひぐらしのなく頃に現』を発表! 竜騎士07の新規シナリオで描く─VR体験会を5月19日に実施

    VR『ひぐらしのなく頃に現』を発表! 竜騎士07の新規シナリオで描く─VR体験会を5月19日に実施

  3. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

    国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  4. 【CEDEC 2017】『Fate/Grand Order』開発チームが語る、面白いゲームを創り続ける秘訣

  5. 宮本茂氏がCEDECの基調講演を行うことが決定―「どこから作ればいいんだろう?」

  6. 【CEDEC 2013】勝つべくして勝つ企画書を作る方法を伝授!アシスタントからディレクターになるために

  7. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  8. 2018年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  9. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  10. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

アクセスランキングをもっと見る