人生にゲームをプラスするメディア

『スパイハンター』の映画はまだ制作中、監督はポール・W・S・アンダーソン

その昔、ミッドウェイ・ゲームスとユニバーサル・ピクチャーズは『スパイハンター』を題材とする映画を製作すると発表していました。インサイドの過去記事を検索すると2003年の事だったようですが、まだ日の目を見ていません。しかし映画情報サイトVariety.comによればまだお蔵入りにはなってないそうです。

ゲームビジネス その他
その昔、ミッドウェイ・ゲームスとユニバーサル・ピクチャーズは『スパイハンター』を題材とする映画を製作すると発表していました。インサイドの過去記事を検索すると2003年の事だったようですが、まだ日の目を見ていません。しかし映画情報サイトVariety.comによればまだお蔵入りにはなってないそうです。

映画は「バイオハザード」や「エイリアン vs プレデター」を手がけた映画監督のポール・W・S・アンダーソン氏が手掛けており、Michael Brandt、Derek Haas、Zak Penn、Stuart Beattieといった脚本家が参加しているそうです。2004年ごろはジョン・ウー監督が手掛けるとされていました。

ゲーム『スパイハンター』は変形することができる武装したマシンを使った自動車格闘とよばれる種類のレースゲームで、アーケード初期からの作品で、ゲームキューブなどのひとつ前の世代で復活を遂げました。今回の映画では今までのゲームとは異なるストーリーを採用し、秘密の政府組織の元でテロリストとの戦いを進めていくという様子が描かれるということです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. セガのゲームセンターに「らーめん缶」の自販機登場

    セガのゲームセンターに「らーめん缶」の自販機登場

  2. ディライトワークス、「FGOスタジオ」を含む6つの制作部門を新設─塩川氏は第1制作部を指揮

    ディライトワークス、「FGOスタジオ」を含む6つの制作部門を新設─塩川氏は第1制作部を指揮

  3. 【E3 2009】米国で売れているジャンルは?どれくらいの人がゲームしてるの?PC市場との違いは?−ESAが調査結果を発表

    【E3 2009】米国で売れているジャンルは?どれくらいの人がゲームしてるの?PC市場との違いは?−ESAが調査結果を発表

  4. 日本観光を恋愛ADV的ノリで楽しめる『Go! Go! Nippon! ~My First Trip to Japan~』がSteamで配信、開発者がセールス好調を報告

  5. ND CUBE、元ハドソンを中心に『Wii Party』を開発

  6. テレビ業界から飛び火した「ラウドネス問題」って何だ?SIG-Audio#01「ラウドネス勉強会」レポート

  7. 日本初のVR専門の教育機関が開校、3ヶ月の実践学習がスタート─入学金、授業料は“無料”

  8. セガサミー、カジノ経営に本格参入・・・韓国Paradise Groupと合弁で建設目指す

  9. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  10. カンブリアSTGから量子力学ホラーまで!個性的すぎるC90同人ゲームたち

アクセスランキングをもっと見る