人生にゲームをプラスするメディア

開発チームが語る「Wiiショッピングチャンネル」がWii.comに掲載

Wiiで「バーチャルコンソール」のゲームをダウンロードしたり、「インターネットチャンネル」や「みんなで投票チャンネル」をダウンロードしたりと、Wiiチャンネルを増やす際に利用する「Wiiショッピングチャンネル」の開発チームへのインタビューがWii.comにて掲載されました。普段そんなに意識せずに何気なく利用するチャンネルですが実現には苦労が多かったようです。

任天堂 Wii
Wiiで「バーチャルコンソール」のゲームをダウンロードしたり、「インターネットチャンネル」や「みんなで投票チャンネル」をダウンロードしたりと、Wiiチャンネルを増やす際に利用する「Wiiショッピングチャンネル」の開発チームへのインタビューがWii.comにて掲載されました。普段そんなに意識せずに何気なく利用するチャンネルですが実現には苦労が多かったようです。

参加者はとりまとめを担当した情報開発本部の水木潔氏(マリオカートDSやNintendogs)、操作周りのデザインを担当した同じく情報開発本部の春花良紀氏(マリオカートDSやゼルダの伝説 風のタクトなど)、サーバー仕様のとりまとめを担当した研究開発部の今元仁氏、サーバー開発・運用にあたった同じく研究開発部の小山尚志氏の4人です。

「Wiiショッピングチャンネル」は任天堂が挑戦する初めてのダウンロード販売ということで開発はかなり早い段階から始まっていたそうです。ただ、Wiiの立ち上げでソフトに多くの人員が割かれていて、誰も手を離せない、ということで水木氏や春花氏が参加することになったそうです。販売ということで税金に関する各国の法律やレーティング表示など課題も多かったそうです。

ソフト屋としてのこだわりも随所にあり、音楽は"とたけけ"こと戸高氏が担当し、ダウンロード中のアニメーションも6種類あり、中には滅多に見られないレア版もあるそうです。マリオが取るコインは1つ1パーセントで、ダウンロード状況を示しているそうです。

Wii.comではこの他にも「インターネットチャンネル」や「似顔絵チャンネル」などWiiに用意された別のチャンネルについてのインタビューも掲載されてますので、併せてご覧ください。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』で突如出現した謎のポケモン「メルタン」の正体が明らかに―オーキド博士&ウィロー博士が研究開始!

    『ポケモンGO』で突如出現した謎のポケモン「メルタン」の正体が明らかに―オーキド博士&ウィロー博士が研究開始!

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  3. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  4. 『ダイダロス:ジ・アウェイクニング・オブ・ゴールデンジャズ』12月13日発売決定─若き日の神宮寺三郎が活躍!

  5. 『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

  6. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  7. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

  8. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  9. 『Ninjala』メディア対抗戦にINSide/GameSparkも参戦、読プレと“あるかもしれない副賞”をかけて激突─1位の奪取を! もしくは見せ場を!【TGS2018】

  10. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

アクセスランキングをもっと見る