人生にゲームをプラスするメディア

退職者の間でWiiが流行る―米シカゴ

任天堂 Wii

米イリノイ州シカゴ郊外にあるリンカンシャーの退職者向け住宅「セッジブルック」の住民の間でWiiが流行していると、地元紙シカゴ・トリビューンが伝えています。そこでは今までゲームを遊んだこともなかったような、平均年齢77歳のおじいちゃん/おばあちゃん達がゲームを楽しんでいて、先日には『Wii Sports』のボウリング大会も催されたそうです。

Wiiは昨年のクリスマスからラウンジに置かれているそうで、「よくディナーの後に集まって遊んでます。日曜の午後なんかには時々、孫と一緒に遊ぶこともあります。最初はみんな子供たちに教えられてたものですが、最近じゃみんな、逆に教えることもあるくらいです」と72歳のFlora Dierbach氏は話しています。

先日『Wii Sports』を使ったボウリング大会が行われ、20名が参加したそうです。初代の優勝者となったDon Hahn氏(76歳)は「ほんとにリアルでした。昔ちょっと『パックマン』を遊んだことはあるけど、これは実際に動き回ってスポーツをしてるようです。イスに座って手先を動かすだけのものとは違いますね」と話しています。Hahn氏は実際のボウリングも相当な腕前だそうで、『Wii Sports』の、本物でうまい人がゲームでもうまい、というのを実証するものですね。

WiiやWiiリモコンは今までゲームをしたことのない人、ゲームに関心のない人にも恐れず、プレイしてもらおうというコンセプトとして開発されたそうですが、その成果が上がっていることを示す一つの話だと思います。継続的に体を動かすのは健康にも良いことですし、何よりも70を超えるような人たちも同じゲームを楽しめる、というのは凄い事だと思います。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』ハイカラスクウェアで見つけた小ネタ集、隠しガッツポーズや謎の巨大ソーセージも登場?

    【特集】『スプラトゥーン2』ハイカラスクウェアで見つけた小ネタ集、隠しガッツポーズや謎の巨大ソーセージも登場?

  3. ニンテンドースイッチ『NAMCO MUSEUM』の配信日が7月28日に決定、任天堂とコラボした幻のタイトル「パックマン vs.」も収録

    ニンテンドースイッチ『NAMCO MUSEUM』の配信日が7月28日に決定、任天堂とコラボした幻のタイトル「パックマン vs.」も収録

  4. 【読者アンケート】『スプラトゥーン2』ジャイロ使っていますか?

  5. 【読者アンケート】「『スプラトゥーン2』休暇を取った人いる?」結果発表─なぞの病にかかって休んだ人の割合は…!?

  6. 『ロストスフィア』10月12日発売決定! スイッチ/PS4版の特典情報も

  7. 3DS『メトロイド サムスリターンズ』公式サイトを公開─DL派に嬉しい「SPECIAL EDITION(ゲームカードなし」も登場

  8. 海外レビューハイスコア『スプラトゥーン2』

  9. 『聖剣伝説コレクション』LINE公式スタンプが登場、大砲に飛ばされる姿やターバンを巻いた商人など、シリーズファンなら思わずニヤリ?

  10. 【特集】『スプラトゥーン2』グッズ&イベント情報まとめ ─ ゲームの外でもイカの世界を楽しもう!

アクセスランキングをもっと見る