人生にゲームをプラスするメディア

イニスの矢野氏がGDCで『応援団2』の情報をちょっとだけ明らかに

先日任天堂から『燃えろ!熱血リズム魂 押忍!闘え!応援団2!』が発売されることが発表になったばかりの、イニスの矢野慶一氏が水曜日にゲームデベロッパーズカンファレンス2007にて「"おうえんだーん!"から"HELP!"へ: Elite Beat Agentsの舞台裏」と題した講演を行い、続編について少しの詳細を明かしました。

任天堂 DS
先日任天堂から『燃えろ!熱血リズム魂 押忍!闘え!応援団2!』が発売されることが発表になったばかりの、イニスの矢野慶一氏が水曜日にゲームデベロッパーズカンファレンス2007にて「"おうえんだーん!"から"HELP!"へ: Elite Beat Agentsの舞台裏」と題した講演を行い、続編について少しの詳細を明かしました。

続編では日本の応援団やチアリーダーをテーマとすることは変わらず、新しい要素としてライバルが登場してくるそうです。前作のキャラもみんな登場するとか(デザインは少し変わるようです)。また、詳しく話すことはできないとしたものの、"コアなユーザー向け"に別の新要素も含まれるそうです。「ニンテンドーWi-Fiコネクション」や「マイク」の対応についてもコメントできないということだったそうです。

Q&Aセッションもあり、他のハードで『応援団』を作ることは? という質問には「はい考えています」と笑って答えたそうです。Wiiではどうか? という質問には「任天堂と話しています。うまく行けばすぐに話せることもあるかもしれません」と含みのある回答だったとのこと。何かあるといいですね。

矢野氏の講演はいかにして『応援団』を海外版の『Elite Beat Agent』に作り変えたかというもので、同氏は「Elite Beat Agentは単なるローカライズではなく、1.5くらいに考えて作った」としています。また今度のタイトルこそ本当の続編になる、ということです。発売は2007年です、期待しましょう。

ちなみに『Elite Beat Agent』の続編については明らかにしなかったものの、続けたいという感じではあったようです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. リメイク発表で話題沸騰の『ゼルダの伝説 夢をみる島』ってどんなゲーム?実は「26年前の異色の名作」!

    リメイク発表で話題沸騰の『ゼルダの伝説 夢をみる島』ってどんなゲーム?実は「26年前の異色の名作」!

  2. 『スーパーマリオメーカー2』Nintendo Directの映像からわかる16の新要素

    『スーパーマリオメーカー2』Nintendo Directの映像からわかる16の新要素

  3. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

    『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  4. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  5. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  6. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  7. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  8. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

  9. 『ポケモン ピカ・ブイ』は初代と比べてどのくらい進化した!?20年の歳月はここまで『ポケモン』をすごくした!

  10. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

アクセスランキングをもっと見る