人生にゲームをプラスするメディア

この一年間、オーストラリアで最も人気だったゲームは?

ゲームビジネス その他

オーストラリアのゲーム業界団体、インタラクティブ・エンターテイメントアソシエーション・オーストラリア(IEAA)は、この一年間に発売された優れたゲームを表彰するイベントをシドニーのドルトーン・ハウスにて開催しました。表彰は関係者らの投票に基づき、20のカテゴリで行われました。

最優秀賞となるゲームオブザイヤーは、任天堂向けが『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』、PSが『ギターヒーロー2』、Xbox360が『ギアーズ・オブ・ウォー』、PC向けが『The Elder Scrolls IV:Oblivion』、オーストラリアのデベロッパーが開発したものでは『Medieval II:Total War』が選ばれました。また、最も革新的なゲームでは『Wii Spors』が受賞しています。

ジャンル毎の売上に基づく賞では、アドベンチャーで『カーズ』、RPGで『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』、アクションで『レゴスターウォーズ2』、レースで『ニード・フォー・スピード カーボン』、スポーツで『WWE Smackdown Vs Raw 2007』、シミュレーションで『Nintendogs ダルメシアン&フレンズ』、新設のパーティ/ソーシャルゲームの分野では『Singstar Rocks!』が選ばれました。

また同じく新設された女性向けに限ったゲームオブザイヤーでは『Nintendogs ダックス&フレンズ』が選ばれています。

IEAAのCEOを務めるクリス・ハンロン氏は「最新の全国調査によれば、ゲーマーの41パーセントは女性です。また、1/3は子供達の親です。新しい賞のカテゴリは市場が拡大しゲーム人口が移り変わる新しい顔を反映するものです。2008年に向けて私達はもっと多くの、家族みんなで一緒に楽しめるようなゲームを見ることになるでしょう」と述べています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】「ゲーマーの社会的価値を上げたい」OPENREC.tvに込められた想いとはーーCyberZ取締役に訊く

    【インタビュー】「ゲーマーの社会的価値を上げたい」OPENREC.tvに込められた想いとはーーCyberZ取締役に訊く

  2. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

    【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  3. 【CEDEC2017】継続率を高めるKPI管理の仕組みースマホゲームのカスタマーサポート運用ノウハウ

    【CEDEC2017】継続率を高めるKPI管理の仕組みースマホゲームのカスタマーサポート運用ノウハウ

  4. 【CEDEC 2014】知っておきたいゲーム音楽著作権、JASRACが教える有効な利用法

  5. タカラトミーの「人生ゲーム」、婚活イベントで“リアル版”を展開!出雲市、ツヴァイとの合同プロジェクト

  6. ローカライズ専門会社アクティブゲーミングメディアが語る、海外ゲーム市場の動向

  7. LINE、サイバーエージェントと合弁会社を設立して「LINE GAME」向けに提供

  8. 「何がゲームを殺すのか?」−売上は好調なのにリストラが続く不思議

  9. カジュアルゲーム世界最大手・ポップキャップゲームズに聞く『ビジュエルド伝説』と同社の戦略

  10. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

アクセスランキングをもっと見る