人生にゲームをプラスするメディア

次は任天堂フォン?―特許が判明

最近の任天堂は製品デザインなどにアップルの影響を見ることができますが、そのアップルは先日iPhoneという携帯電話を発表しました。そして任天堂も携帯電話に感心が無いわけではなさそうです。任天堂が2001年に携帯電話に関する特許を申請していたことが分かりました。

ゲームビジネス その他
最近の任天堂は製品デザインなどにアップルの影響を見ることができますが、そのアップルは先日iPhoneという携帯電話を発表しました。そして任天堂も携帯電話に感心が無いわけではなさそうです。任天堂が2001年に携帯電話に関する特許を申請していたことが分かりました。

Engadget Mobileが発見したこの特許は「ゲームと電話の機能を持つ電子装置」に関するもので、2001年に申請され昨年6月に公開になったものです。ゲームが起動され、電話がかかってきたら休止し、終わるとまたゲームに戻る、という流れが書かれています。添付されている図では普通の携帯電話のボタンに加えて十字キーとABボタンが乗っています。

もちろん任天堂は日々多種多様な特許や商標を出願していて、今回のような携帯電話が実現する可能性はかなり薄いと思われます。しかし任天堂がこんな事も考えているんだ、という発見は面白いものですね。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. NESTAGE、「wanpaku」「TVパニック」など14店舗を閉鎖

    NESTAGE、「wanpaku」「TVパニック」など14店舗を閉鎖

  2. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

    戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  3. セガのゲームセンターに「らーめん缶」の自販機登場

    セガのゲームセンターに「らーめん缶」の自販機登場

  4. 【GDC 2013】プロシージャルなマップ生成で繰り返し遊べるFPSを、DIGITAL EXTREME『Warframe』

  5. 『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

  6. ND CUBE、元ハドソンを中心に『Wii Party』を開発

  7. 日本観光を恋愛ADV的ノリで楽しめる『Go! Go! Nippon! ~My First Trip to Japan~』がSteamで配信、開発者がセールス好調を報告

  8. 山内溥・任天堂前社長が85歳で亡くなる

  9. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  10. マイクロソフトはセガ買収を検討していた ― 元幹部が明かす

アクセスランキングをもっと見る