人生にゲームをプラスするメディア

任天堂が中間期決算を発表―DS好調で過去最高

ゲームビジネス その他

任天堂は26日、平成19年3月期の中間決算を発表しました。それによれば売上高は2988億1700万円(+69.4%)、営業利益は671億1100万円(+242.2%)、経常利益は946億7600万円(+66.6%)、純利益は543億4500万円(+48.4%)となり、ニンテンドーDSの絶好調を反映して中間期での過去最高益を更新しました。

ニンテンドーDSは半期で1000万台を越える売上を記録するなど絶好調で、累計台数は2682万台になりました。対応ソフトも『Newマリオブラザーズ』が676万本、「Touch!Generations」が国内1354万本、全世界2527万本となるなど好調です。Wiiの発売を控えているゲームキューブは大きく落ち込んでいます。

通期では売上高が史上初の7000億円台(7400億円)となる見込みのほか、営業利益1450億円、経常利益1700億円、純利益1000億円を見込んでいます。

販売データでは半期のDSソフトは全世界で4316万本(日本2064、南北アメリカ1194、その他1059)、ハードは1009万台(日本461、南北アメリカ240、その他309)となりました。通期ではDSソフトが8200万本、本体が2000万台、Wiiソフトが1700万本(同梱ソフトを除く)、本体が600万台を見込んでいます。

Wiiについて任天堂の森専務は「能力いっぱいに生産しているが、それでも品薄になる可能性がある」と会見で述べたそうです。

ちなみに、少し前に「LiveMove」というWii向けのミドルウェアを発表したAiLive Inc.は元々はiKuni Inc.という会社だったようです。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『モンスターハンターダブルクロス Switch Ver』『The Lost Child』『深夜廻』『新次元ゲイム ネプテューヌVIIR』他

    今週発売の新作ゲーム『モンスターハンターダブルクロス Switch Ver』『The Lost Child』『深夜廻』『新次元ゲイム ネプテューヌVIIR』他

  2. 任天堂との決裂、イノベーションでなし得た初代プレイステーション立ち上げ秘話(1)

    任天堂との決裂、イノベーションでなし得た初代プレイステーション立ち上げ秘話(1)

  3. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  4. ドン・キホーテでVR動画スターターセットが先行発売! DMMで使える動画ポイント付き

  5. エンタテイメント業界の重鎮が語る多様化の時代に求められるコンテンツ像とは? (3)

  6. 【特集】今のゲーム業界は人材不足、じゃ“就職できない人”はなぜいるの?HAL東京のゲーム学部に迫る

  7. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  8. バンナム、平成29年3月期は増収増益―『ダクソIII』や『デレステ』人気

  9. ゲーム以外にも広がるUDKの用途・・・「Unreal Japan News」第37回

  10. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る