人生にゲームをプラスするメディア

任天堂が中間期決算を発表―DS好調で過去最高

任天堂は26日、平成19年3月期の中間決算を発表しました。それによれば売上高は2988億1700万円(+69.4%)、営業利益は671億1100万円(+242.2%)、経常利益は946億7600万円(+66.6%)、純利益は543億4500万円(+48.4%)となり、ニンテンドーDSの絶好調を反映して中間期での過去最高益を更新しました。

ゲームビジネス その他
任天堂は26日、平成19年3月期の中間決算を発表しました。それによれば売上高は2988億1700万円(+69.4%)、営業利益は671億1100万円(+242.2%)、経常利益は946億7600万円(+66.6%)、純利益は543億4500万円(+48.4%)となり、ニンテンドーDSの絶好調を反映して中間期での過去最高益を更新しました。

ニンテンドーDSは半期で1000万台を越える売上を記録するなど絶好調で、累計台数は2682万台になりました。対応ソフトも『Newマリオブラザーズ』が676万本、「Touch!Generations」が国内1354万本、全世界2527万本となるなど好調です。Wiiの発売を控えているゲームキューブは大きく落ち込んでいます。

通期では売上高が史上初の7000億円台(7400億円)となる見込みのほか、営業利益1450億円、経常利益1700億円、純利益1000億円を見込んでいます。

販売データでは半期のDSソフトは全世界で4316万本(日本2064、南北アメリカ1194、その他1059)、ハードは1009万台(日本461、南北アメリカ240、その他309)となりました。通期ではDSソフトが8200万本、本体が2000万台、Wiiソフトが1700万本(同梱ソフトを除く)、本体が600万台を見込んでいます。

Wiiについて任天堂の森専務は「能力いっぱいに生産しているが、それでも品薄になる可能性がある」と会見で述べたそうです。

ちなみに、少し前に「LiveMove」というWii向けのミドルウェアを発表したAiLive Inc.は元々はiKuni Inc.という会社だったようです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『無双OROCHI3』『FIFA 19』『英雄伝説 閃の軌跡IV THE END OF SAGA』『すばらしきこのせかい Final Remix』他

    今週発売の新作ゲーム『無双OROCHI3』『FIFA 19』『英雄伝説 閃の軌跡IV THE END OF SAGA』『すばらしきこのせかい Final Remix』他

  2. 『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

    『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

  3. オンライン対戦実装の『ソーセージレジェンド』バージョン2.0をプレイ―全世界の剣(ソーセージ)とその身を賭けて戦え!【TGS2018】

    オンライン対戦実装の『ソーセージレジェンド』バージョン2.0をプレイ―全世界の剣(ソーセージ)とその身を賭けて戦え!【TGS2018】

  4. 「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

  5. それは“絶望の一週間”―『シノアリス』のエンジニアがサービスイン時の混乱を語る【CEDEC 2018】

  6. 見落としや煩雑さが激減し、プロジェクト進捗管理が円滑に――『コトダマン』制作過程における「SHOTGUN」導入事例【CEDEC 2018】

  7. 【NDC17】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

  8. 日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

  9. 【CEDEC 2014】知っておきたいゲーム音楽著作権、JASRACが教える有効な利用法

  10. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

アクセスランキングをもっと見る