人生にゲームをプラスするメディア

メルマガ「横井軍平の素顔〜今だから話せるゲーム王の発想法〜」創刊

横井軍平をご存知ですか? 任天堂の元開発第一部部長で、大ヒットした「Game&Watch」や「ゲームボーイ」の生みの親で、もっと以前には「ウルトラハンド」や「光線銃」、「ラブテスター」などおもちゃメーカー時代から任天堂を支えてきた発明家(あえて)です。

ゲームビジネス その他
横井軍平をご存知ですか? 任天堂の元開発第一部部長で、大ヒットした「Game&Watch」や「ゲームボーイ」の生みの親で、もっと以前には「ウルトラハンド」や「光線銃」、「ラブテスター」などおもちゃメーカー時代から任天堂を支えてきた発明家(あえて)です。

1996年8月に「ゲームボーイポケット」を最後に任天堂を退社した後、企画会社のコトを立ち上げ「ワンダースワン」や「くねくねっちょ」を開発しましたが、1997年に不慮の事故で56歳という若さで亡くなりました。

横井氏に関する文献は書籍「横井軍平ゲーム館」や文芸春秋に宛てた手記「なぜ私は任天堂を辞めたのか」(96年11月号)など非常に限られているのですが、横井軍平研究会という所がまぐまぐで「横井軍平の素顔〜今だから話せるゲーム王の発想法〜」というメールマガジンを創刊するそうです。

大企業・任天堂が今のような大企業になるきっかけの商品である「Game&Watch」、「ファミリーコンピュータの十字ボタン」、「ゲームボーイ」などを発案し開発した人物、それは"横井軍平"(故人)である。ここには初めて明らかにされる衝撃の事実があった

これは横井氏を良く知る人物からの取材を元に構成されたものだそうで、創刊号が公開されています。今後どのような話が展開されるかどうかは不明ですが、ちょっと注目したいですね。

(タレコミTHANKS)
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 米スタンフォード大学ゲーム保存研究の権威ヘンリー博士が語る「ビデオゲームの文化と保存」

    米スタンフォード大学ゲーム保存研究の権威ヘンリー博士が語る「ビデオゲームの文化と保存」

  2. 【週間売上ランキング】 『マリオギャラクシー』は初週25万本(10月29日〜11月4日)

    【週間売上ランキング】 『マリオギャラクシー』は初週25万本(10月29日〜11月4日)

  3. 『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

    『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

  4. 高橋名人を超えろ!シュウォッチ連射大会「21世紀の連射王は誰だ!」

  5. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  6. 今週発売の新作ゲーム『ACE COMBAT 7: SKIES UNKNOWN』『Travis Strikes Again: No More Heroes』『鬼武者』他

  7. 【BitSummit】ValveによるSteam基調講演、Steamと開発者の利益配分などリアルな質問も

  8. 今週発売の新作ゲーム『Forza Motorsport 7』『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』他

  9. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  10. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

アクセスランキングをもっと見る