人生にゲームをプラスするメディア

『ポケモンバトルレボリューション』はジニアスが開発

任天堂から12月に発売予定のWii向け『ポケモンバトルレボリューション』はジニアス・ソノリティが開発を担当しているようです。Pokemon.co.jpのポケモン公式サイトの紹介記事の下にコピーライトがあり「Developed by Genius Sonority Inc.」と書かれています。

任天堂 Wii
任天堂から12月に発売予定のWii向け『ポケモンバトルレボリューション』はジニアス・ソノリティが開発を担当しているようです。Pokemon.co.jpのポケモン公式サイトの紹介記事の下にコピーライトがあり「Developed by Genius Sonority Inc.」と書かれています。

ジニアス・ソノリティはこれまでも『ポケモンバトルレボリューション』と同種のゲームである『ポケモンコロシアム』や『ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア』、ポケモン関連作品である『ポケモントローゼ』などを開発してきました。

また、ジニアス・ソノリティの公式サイトは表紙だけになっていて、3つの水玉が表示され、そのうちの1つだけで動いています。「なにかが、おころうとしています。 次の更新は、10月14日です。」とのことです。ちょっと注目ですね。

『ポケモンバトルレボリューション』はニンテンドーDSと連動する第一弾のWiiタイトルで、「ダイヤモンド/パール」で育てたポケモンをテレビの大画面で対戦させることができます。更にはこちらも第一弾で「ニンテンドーWi-Fiコネクション」にも対応し、遠く離れたライバルにも戦いを挑むことができます。

(タレコミTHANKS 匿名希望さん)
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

    スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  2. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

    「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  3. 『海腹川背 Fresh!』マップは一つながりの巨大フィールドに! 遊びやすい進化と変わらぬ魅力のワイヤーアクションをいち早く体験【TGS2018】

    『海腹川背 Fresh!』マップは一つながりの巨大フィールドに! 遊びやすい進化と変わらぬ魅力のワイヤーアクションをいち早く体験【TGS2018】

  4. 『スプラトゥーン2』フェス「つぶあん vs こしあん」はこしあん派のほうが多め!?【読者アンケート】

  5. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  7. 11本目はファン待望の『バーチャレーシング』に決定! MC8bit氏のセガ愛も熱かったセガゲームス『SEGA AGES』ステージ【TGS2018】

  8. 『ドラゴンクエストビルダーズ2』12月20日に発売決定! 有料DLCの展開も明らかに

  9. 『アーケードアーカイブス』シリーズ・ハムスターブースでは80~90年代の懐かしのタイトルがプレイ可能─多彩なステージイベントも【TGS2018】

  10. 「あなたが予想する、『スマブラSP』に新参戦しそうなファイターは?」結果発表― バンダナを巻いたアイツやサルベージャーの少年などが登場!【読者アンケート】

アクセスランキングをもっと見る