人生にゲームをプラスするメディア

スパイクとアイドスが国内での販売で提携

ゲームビジネス その他

日本のパブリッシャーであるスパイクと、英国のパブリッシャーであるアイドスインタラクティブは日本国内でのアイドスタイトルの取り扱いについて提携関係を結んだ事を発表しました。

提携によれば最初にまず3つのタイトルがPCや家庭用ゲーム機で発売されます。『トゥーム・レイダー レジェンド』、『Commandos Strike Force』、『Urban Chaos:Riot Response』です。『トゥーム・レイダー レジェンド』ではDS版やGC版も予定されていますが、国内で発売されることはあるのでしょうか?

「アイドスは才能あるスパイクと日本でパートナーとなれることをとても嬉しく思います。このパートナーシップは非常に重要な日本市場に対する私達の新たなる戦略となるでしょう」とアイドスのビル・ガードナー社長はコメントしています。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

    【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

  2. インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア

    インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア

  3. BitSummitの上階で開催された「MegaBitConvention」フォトレポ―広大な会場にトガッた作品が集結

    BitSummitの上階で開催された「MegaBitConvention」フォトレポ―広大な会場にトガッた作品が集結

  4. 【レポート】「取り乱しちゃダメだ、取り乱しちゃダメだ…」VR史上初の“エヴァ操縦体験”に触れてみた─手に汗握る発進シークエンスを実感

  5. Nintendo Services USAを清算へ

  6. 【特集】パルマー・ラッキーの裏側―次は『君の名は。』三葉のコスプレを

  7. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  8. 任天堂、初の社外取締役を起用へ

  9. インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

  10. 【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

アクセスランキングをもっと見る