人生にゲームをプラスするメディア

E3の大幅な規模縮小、開催中止が検討中―近日中に発表

ゲームビジネス その他

GameSpot、MCV UK、NextGenerationなどは世界最大のゲームショウとして確たる地位を築いているE3について、主催者のESA(The Entertainment Software Association)が規模の大幅縮小もしくはショー自体の中止を計画していると伝えています。48時間以内に正式な発表があるだろうとのことです。

各誌の報道によれば、E3には400の出展者と6万人の来場者が訪れるという他に例のない規模になっていて大きな注目を集める反面、大規模なショーを維持する為のコストが増大していて、開催することから得られるリターンに見合うものではなくなってきているそうです。その事からESA内部では来年以降のE3の開催について様々な議論が行われているようです。

GameSpotのレポートではE3は規模を縮小して開催されるとのことです。ESAは既に来年の開催場所としてロサンゼルスのコンベンションセンターよりも小規模な会場を押さえていて、これまでのように巨大なホールをブースが埋めるという形ではなく、小さな複数の会議室で限られた人にだけ展示物を見せる、という形が検討されているようです。

MCV UKは増加するコストの点から主要パブリッシャー(特にエレクトロニック・アーツ)から運営形態について再考するように要請があったと伝えています。また記事では、展示以外にもパーティ、ホテル、フライト、セキュリティなど様々なコストが発生し、既に制御不可能になっているというインサイダーのコメントが紹介されています。

NextGenerationsはもっと踏み込み、来年以降のE3は開催されないと伝えています。それによれば、大手パブリッシャーの幾つかがトップ会談でE3から離脱することを決定したことから、ESAがE3の将来についての検討を開始し、主要パブリッシャーやプラットフォームホルダーなしでは展示会は成立しないと判断したということです。

ESAは現時点ではコメントを差し控えていますが、米国時間の月曜日にはDoug Lowenstein会長からの声明が発表される予定です。大幅縮小か、中止かどのような決定がなされるかは不透明ですが、どちらにしても全てのゲームメーカーが集う展示会という位置づけのE3は今年で終わったということになりそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ダイバーシティでVR『バイオハザード7』を体験するチャンス!ジャック・ベイカーの等身大フィギュアも登場

    ダイバーシティでVR『バイオハザード7』を体験するチャンス!ジャック・ベイカーの等身大フィギュアも登場

  2. 今週発売の新作ゲーム『The Elder Scrolls V: Skyrim VR』『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』『Fallout 4 VR』『Okami HD』他

    今週発売の新作ゲーム『The Elder Scrolls V: Skyrim VR』『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』『Fallout 4 VR』『Okami HD』他

  3. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

    【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  4. 2017年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. コナミ、2016年4~12月期業績発表―『パワプロ』『パワサカ』他スマホ好調

  6. 高橋名人、社長になる!ゲーム開発会社「ドキドキグルーヴワークス」設立

  7. 当時の姿のまま中古ビル内に放棄されていた90年代ゲーセン

  8. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  9. 今週発売の新作ゲーム『ソニックフォース』『Xbox One X』『NEED FOR SPEED PAYBACK』『仁王 Complete Edition』他

  10. 【E3 2015】ゲーム産業は「映画+音楽」よりも大きくなった―調査会社IHS Technology

アクセスランキングをもっと見る