人生にゲームをプラスするメディア

E3の大幅な規模縮小、開催中止が検討中―近日中に発表

ゲームビジネス その他

GameSpot、MCV UK、NextGenerationなどは世界最大のゲームショウとして確たる地位を築いているE3について、主催者のESA(The Entertainment Software Association)が規模の大幅縮小もしくはショー自体の中止を計画していると伝えています。48時間以内に正式な発表があるだろうとのことです。

各誌の報道によれば、E3には400の出展者と6万人の来場者が訪れるという他に例のない規模になっていて大きな注目を集める反面、大規模なショーを維持する為のコストが増大していて、開催することから得られるリターンに見合うものではなくなってきているそうです。その事からESA内部では来年以降のE3の開催について様々な議論が行われているようです。

GameSpotのレポートではE3は規模を縮小して開催されるとのことです。ESAは既に来年の開催場所としてロサンゼルスのコンベンションセンターよりも小規模な会場を押さえていて、これまでのように巨大なホールをブースが埋めるという形ではなく、小さな複数の会議室で限られた人にだけ展示物を見せる、という形が検討されているようです。

MCV UKは増加するコストの点から主要パブリッシャー(特にエレクトロニック・アーツ)から運営形態について再考するように要請があったと伝えています。また記事では、展示以外にもパーティ、ホテル、フライト、セキュリティなど様々なコストが発生し、既に制御不可能になっているというインサイダーのコメントが紹介されています。

NextGenerationsはもっと踏み込み、来年以降のE3は開催されないと伝えています。それによれば、大手パブリッシャーの幾つかがトップ会談でE3から離脱することを決定したことから、ESAがE3の将来についての検討を開始し、主要パブリッシャーやプラットフォームホルダーなしでは展示会は成立しないと判断したということです。

ESAは現時点ではコメントを差し控えていますが、米国時間の月曜日にはDoug Lowenstein会長からの声明が発表される予定です。大幅縮小か、中止かどのような決定がなされるかは不透明ですが、どちらにしても全てのゲームメーカーが集う展示会という位置づけのE3は今年で終わったということになりそうです。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『モンスターハンターダブルクロス Switch Ver』『The Lost Child』『深夜廻』『新次元ゲイム ネプテューヌVIIR』他

    今週発売の新作ゲーム『モンスターハンターダブルクロス Switch Ver』『The Lost Child』『深夜廻』『新次元ゲイム ネプテューヌVIIR』他

  2. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  3. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

    【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  4. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  5. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  6. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  7. ドン・キホーテでVR動画スターターセットが先行発売! DMMで使える動画ポイント付き

  8. ゲーム以外にも広がるUDKの用途・・・「Unreal Japan News」第37回

  9. さよならハドソン、過去の名作をCMで振り返る

  10. 【CEDEC 2012】IGDA日本がCEDECでスカラーシッププログラムを実施

アクセスランキングをもっと見る