人生にゲームをプラスするメディア

韓国任天堂、事業開始時期は未定

ゲームビジネス その他

任天堂は7月に250億ウォンの資本金で韓国任天堂をソウルに設立しましたが、任天堂によればこの会社はまだ業務を始めておらず、具体的なスケジュールも決定されていないそうです。当面の間は現地の代理店であるDaiwonに任せるようです。ただ、この会社は余り評判が良くないようですが・・・。

「私達は韓国任天堂を設立しましたが、まだ業務を始めてはいません。また、具体的な業務開始についてのスケジュールも固まっておらず、いつからビジネスを始めるかということも言えません」

とのことです。リンク先にも紹介されていますが、コナミが野球ゲームの類似品を提訴したものの敗訴したというニュースもありますし、コピー品だとか権利的なものの運用が整備されていないこともあり、中々ビジネスを始めるには難しい国のようです。主要国以外はどこも似たような状況だとは思いますが。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

    【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  2. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  3. 2017年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2017年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  4. 【TGS2017】ゲーム開発を支える「Enlighten」と「YEBIS」をシリコンスタジオブースで出展! 本格的なVRレーシングデモも用意

  5. 【TGS2015】中国で成功するスマホゲームに必須の「VIPシステム」とは? 『ウチ姫』も展開するKONGZHONG JPに聞いた

  6. 【インタビュー】『スペースチャンネル5』開発者が語る、VRで復活までの道のり&今だから言える裏話

  7. 【インタビュー】もっと気楽に「SHOTGUN」を―ドリコムによる導入事例を訊く

  8. 『龍が如く 見参!』インタビュー 次世代のゲーム作りを聞きました

  9. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

  10. 【GDC2011】任天堂・岩田聡社長が見せた覚悟と開発者へのメッセージ

アクセスランキングをもっと見る