人生にゲームをプラスするメディア

韓国任天堂、事業開始時期は未定

ゲームビジネス その他

任天堂は7月に250億ウォンの資本金で韓国任天堂をソウルに設立しましたが、任天堂によればこの会社はまだ業務を始めておらず、具体的なスケジュールも決定されていないそうです。当面の間は現地の代理店であるDaiwonに任せるようです。ただ、この会社は余り評判が良くないようですが・・・。

「私達は韓国任天堂を設立しましたが、まだ業務を始めてはいません。また、具体的な業務開始についてのスケジュールも固まっておらず、いつからビジネスを始めるかということも言えません」

とのことです。リンク先にも紹介されていますが、コナミが野球ゲームの類似品を提訴したものの敗訴したというニュースもありますし、コピー品だとか権利的なものの運用が整備されていないこともあり、中々ビジネスを始めるには難しい国のようです。主要国以外はどこも似たような状況だとは思いますが。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

    【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

  2. 【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

    【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

  3. Nintendo Switchは鏡。見る人の心を写し出す【オールゲームニッポン】

    Nintendo Switchは鏡。見る人の心を写し出す【オールゲームニッポン】

  4. シリコンスタジオ、『Enlighten』と『YEBIS』をTGS2017に出展-「リアリズムの追求と開発効率に貢献したい」

  5. プレステ世代のクリエイターと共にソニーIPをモバイルへ―ForwardWorks 川口智基氏に訊く

  6. 【CEDEC 2017】『Fate/Grand Order』開発チームが語る、面白いゲームを創り続ける秘訣

  7. 剣や盾をリアルに振り回すVRゲーム『サークル オブ セイバーズ』、埼玉県の「イオンレイクタウン」に登場

  8. 今週発売の新作ゲーム『マーベルVS. カプコン:インフィニット』『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX』『Project CARS 2』他

  9. グリーとオルトプラスが資本業務提携 ― 『聖闘士星矢 アルティメットウォーズ』皮切りに新作を年内4本投入

  10. 【特集】今のゲーム業界は人材不足、じゃ“就職できない人”はなぜいるの?HAL東京のゲーム学部に迫る

アクセスランキングをもっと見る