人生にゲームをプラスするメディア

『ゼルダの伝説 夢幻の砂時計』ちょっと詳細

任天堂 DS

ニンテンドーDS向けの『ゼルダの伝説DS』(海外向けタイトル:The Legend of Zelda:Phantom Hourglass、国内向けサブタイトルは恐らく:夢幻の砂時計)について、米国の雑誌「NINTENDO POWER」にプロデューサーを務める青沼氏へのインタビューが掲載されていて、少し詳細が明らかになりました。

インタビューで青沼氏はこのゲームについて「中心テーマは十字キーやボタンを使わずにDSのタッチペンだけで遊べるゼルダを作る事」とヒントを与えています。そして「今までのファンを満足させる驚きがあるし、今までのシリーズを遊んだことがない人達にもプレイして欲しい」としています。

「風のタクト」のようなトゥーンシェイドのスタイルなった事については、最初は「4つの剣」を作っていたのが、DSで「風のタクト」のスタイルがどうなるか実験してみた所、非常に良くマッチしたので、シングルプレイを中心としたゲームに作り変える事にしたそうです。開発しているのは「4つの剣」のチームだそうです。

ゲームの内容としては、ゲーム全体を通して1つの巨大なダンジョンに挑んでいく形になるそうです。複数のサブのダンジョンもあり、これらをクリアしていくことでメインのダンジョンの攻略に繋がっていくとのこと。ダンジョンにはリンクを一撃で殺し、攻撃も効かない超強力な敵が存在し、リンクを追跡してくるそうです(青沼氏は「チェイサー」(追跡者)と呼んでいるそうです)。地図を見ながら避難できる場所を探して隠れる必要があるそうです。こいつを倒せる時がゲームのラストということなのでしょうか?

米国では第4四半期(10〜12月)の発売予定で、国内での発売日は未定です。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

    「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

  2. 「マイニンテンドー」のギフトに『ピクミン』短編映画や『ゼルダの伝説 BotW』テーマが登場、『ARMS』壁紙や『エヴァーオアシス』割引なども

    「マイニンテンドー」のギフトに『ピクミン』短編映画や『ゼルダの伝説 BotW』テーマが登場、『ARMS』壁紙や『エヴァーオアシス』割引なども

  3. ニンテンドウ64『爆BOMBERMAN』がWii U向けVCとして配信開始

    ニンテンドウ64『爆BOMBERMAN』がWii U向けVCとして配信開始

  4. 3DS『エヴァーオアシス』オアシスや冒険の魅力に迫る映像公開! 体験版も配信開始

  5. 3DS『カービィのすいこみ大作戦』7月4日に配信! ローソンでは「星のカービィキャンペーン」を実施

  6. 【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

  7. 「ポケモンセンタートウホク」リニューアルオープン!幻のポケモン「ビクティニ」プレゼントや東北ならではのグッズも登場

  8. 【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

  9. 『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

  10. 【Nintendo Switch DL販売ランキング】『ARMS』2週連続首位獲得、『オーシャンホーン』初登場ランクイン(6/27)

アクセスランキングをもっと見る