人生にゲームをプラスするメディア

『ドラゴンボールZ スパーキング ネオ』インプレッション

任天堂 Wii

バンダイナムコゲームスはWii向けに『ドラゴンボールZ スパーキング ネオ』(海外向けタイトル: Dragon Ball Z: Budokai Tenkaichi 2)を発売予定で、E3の任天堂ブースに試遊台を設置しました。開発元のスパイクはWii向けに4タイトル開発中でしょうか。任天堂に次ぐ記録だと思います。IGNのインプレッションを紹介します。

過去に多数の作品が発売されている「ドラゴンボール」シリーズ、今回のゲームも同様の格闘アクションであり、そのスタイルには驚くべき点は見当たらない。しかし、それをどう操作するかは、他のゲームでは味わえない新たな体験を与えてくれる。

E3デモでは『ドラゴンボールZ スパーキング ネオ』はシングルプレイのみがプレイできた。プレイヤーは悟空、べジータ、魔人ブウ、13号の4人の中から自分のキャラを選択しプレイしました。ステージはゴツゴツした岩が散在する荒野です。試遊台には「勝つためには動き回れ。突っ立ってボタンを押すだけでは駄目だ」というヒントが書かれていました。

そのアドバイスは正しいものです。ボタンを押してできる動きというのは非常に基本的なアクションのみで退屈なだけです。より良いアタックを発動するにはWiiリモコンとヌンチャクを、突き出したり、振ったり、捻ったりする必要があります。ある方向に向けてシャープに突くことで打撃の嵐をお見舞いすることができます。チャージして2つを前にプッシュすることで、悟空のかめはめ波のような強力な攻撃を発動することができます。ZとBを同時に押してWiiリモコンを動かす事で発動できる技もあったとのこと。Wiiリモコンがシンプルな動きしか実現できないと考えるならばそれは誤りです。

デモに用意されたステージは基本的でオブジェクトが詰まっていないものでした。しかし3D空間にある岩などの物体は破壊可能で、それに身を隠したりするといった事も可能でした。グラフィックはセルシェイドで、前作(『ドラゴンボールZ スパーキング』)よりもシャープな印象です。また空中での戦いも可能です。

E3デモは時間制限はなくKOするまで続いたようです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』に隠された開発スタッフの“なくしもの”とは…その意外な正体が明らかに

    『スプラトゥーン2』に隠された開発スタッフの“なくしもの”とは…その意外な正体が明らかに

  2. 【読者アンケート】『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』最初のパートナーとして最も選ばれたのは…!

    【読者アンケート】『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』最初のパートナーとして最も選ばれたのは…!

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』Ver.1.4.0の注目ブキ8選!これからはこいつらが暴れる!?

    【特集】『スプラトゥーン2』Ver.1.4.0の注目ブキ8選!これからはこいつらが暴れる!?

  4. 『ワンピース 海賊無双3』のデラックスエディションがNintendo Switchで登場!40種以上のDLCを収録

  5. 新感覚リズムゲーム『VOEZ』Switchパッケージ版発売日が2018年1月25日に決定!

  6. 『スーパーマリオ オデッセイ』は2人プレイ可能!―2Pは「キャッピー」が操作できる

  7. ゲオ、ニンテンドースイッチの抽選販売をアプリ上で実施─店頭での一般販売・抽選販売は期間限定で取りやめ

  8. 『スプラトゥーン2』新ブキ「ロングブラスター」を10月21日に追加─強力な一撃と射程を合わせ持つブラスターが登場

  9. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  10. 『スプラトゥーン2』更新データVer.1.4.1の配信開始─シェルタータイプのブキやソイチューバーの問題などを修正

アクセスランキングをもっと見る