人生にゲームをプラスするメディア

CRI・ミドルウェアがWii向けに4つの製品を発表

任天堂 Wii

様々なプラットフォーム向けにミドルウェアを供給している株式会社CRI・ミドルウェアは任天堂の新型ゲーム機Wii向けのミドルウェアの提供を開始すると発表しました。今回発表されたのはマルチストリームサウンドシステム、高画質動画システム、サウンドオーサリングシステム、ファイル管理システムの4つの製品です。

マルチストリームサウンドシステムの「CRI ADX」は、独自のオーディオコーデックとマルチストリーム制御機構を備えており、ディスクメディア上にある複数の圧縮された音声ファイルを高音質でストリーミング再生できます(最大同時16本)。さらに、シームレスループ再生機能や、シネマティックサウンド機能、3Dサラウンド音響対応など開発を助ける多くの機能を有しています。グラフィックデータやプログラムなど、音声以外のデータをストリーミングで読み込むことも可能だとのこと。

高画質・高音質のムービー再生を実現する「CRI Sofdec」では、複数のムービーを独立・非同期に再生するマルチストリーム再生、複数のムービーを継ぎ目なく自然に連結して再生するシームレス再生、3Dポリゴンの表面上でムービーを再生するテクスチャムービーなど多彩な動画再生に対応します。

さらに複数の音声トラックを収録したマルチリンガルムービーや、任意に切換可能な複数サブタイトル(字幕)など多国間での展開にも役に立ちます。また、ムービー自体に透明度や奥行き情報を付加することにより、リアルタイムに3Dポリゴンと動画を融合させるといった、従来にはない、まったく新しい動画の活用手法も実現できるそうです。

Wii向けの「Sofdec」では新たにフレームレートが60fpsのプログレッシブムービー再生に対応する予定だそうです。これによっていっそう滑らかな動画シーンを実現することができます。

CRI・ミドルウェアの製品はゲームキューブなどの家庭用ゲーム機、ニンテンドーDSなどの携帯ゲーム機で、これまでに1000タイトル以上に採用されています。このようなゲーム開発をサポートするミドルウェアを利用することで複雑化する一方の開発現場で、ゲームプレイに重きを置いた開発を実現することができます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ファイアーエムブレム無双』DLCの概要が発表―新キャラ・マップ・コスチューム等が収録!

    『ファイアーエムブレム無双』DLCの概要が発表―新キャラ・マップ・コスチューム等が収録!

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』Ver.1.4.0の注目ブキ8選!これからはこいつらが暴れる!?

    【特集】『スプラトゥーン2』Ver.1.4.0の注目ブキ8選!これからはこいつらが暴れる!?

  3. 【特集】動画で振り返る、ミニスーファミに収録された名作シリーズの今と昔8選

    【特集】動画で振り返る、ミニスーファミに収録された名作シリーズの今と昔8選

  4. マイニンテンドーストア、10月25日にスイッチ予約再開―次回は11月28日~12月3日お届け分

  5. スイッチ版『モンハン ダブルクロス』に更新データが配信―ガンナー向けの操作タイプが追加!

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』初心者にはこのブキがオススメ!使いやすいブキ8選

  7. 【読者アンケート】『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』最初のパートナーは誰にする?

  8. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  9. 3DS『逆転裁判4』の新たなプロモーション映像が公開―進化したグラフィックを確認!

  10. グランプリに“乱入者”が登場する『ARMS』の更新データが配信開始!―「バッジ」などの新機能も追加

アクセスランキングをもっと見る