人生にゲームをプラスするメディア

『マリオペイント』と『パイロットウィングス』が開発中?―EGMの噂

任天堂 Wii

米国の総合ゲーム雑誌「Electronic Gaming Monthly」の最新号の噂コーナー「Rumor Mill」は、任天堂が『マリオペイント』をニンテンドーDSとレボリューションに、『パイロットウィングス』をレボリューション向けに開発しているという噂を紹介しています。これらのタイトルは以前にも噂に登ったことがあります。

『マリオペイント』はスーパーファミコンで発売されたお絵かきソフト。同梱されたマウス(当時は珍しかったような)を用いて絵を描いたりハエを退治することができました。64DDでは後継作と言ってもいい『マリオアーティスト』シリーズが発売されました。EGMによればDSとレボリューション向けに開発されていて、3Dイメージも描けるようになるのではとのこと。

『パイロットウィングス』はSFCとN64で発売されたフライトシミユレーションゲームです。空を飛ぶ感覚が好評だった作品がレボリューションに登場するとEGMは伝えています。

『パイロットウィングス』の新作に関しては定期的に噂に上がり、ゲームキューブやその後継機(つまりレボリューション)でファクター5が開発するのではないかと何度も言われました。そのファクター5はPS3のみに開発する方針で、この話は潰れたようですが、記者などに公開された技術デモにも飛行機のものはあるようて『パイロットウィングス』の布石と考えられなくもない所です。

「Rumor Mill」は当たったり外れたりといった感じです。一年前には発表間近でしたが「ニンテンドーWiFiコネクション」のサービス展開を報じたことがあります。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』に隠された開発スタッフの“なくしもの”とは…その意外な正体が明らかに

    『スプラトゥーン2』に隠された開発スタッフの“なくしもの”とは…その意外な正体が明らかに

  2. 『真・女神転生V』発表! スイッチ向けのシリーズ最新作はナンバリングタイトルに

    『真・女神転生V』発表! スイッチ向けのシリーズ最新作はナンバリングタイトルに

  3. 【読者アンケート】『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』最初のパートナーとして最も選ばれたのは…!

    【読者アンケート】『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』最初のパートナーとして最も選ばれたのは…!

  4. 【特集】『スプラトゥーン2』Ver.1.4.0の注目ブキ8選!これからはこいつらが暴れる!?

  5. 『スーパーマリオ オデッセイ』は2人プレイ可能!―2Pは「キャッピー」が操作できる

  6. 『ワンピース 海賊無双3』のデラックスエディションがNintendo Switchで登場!40種以上のDLCを収録

  7. スイッチのユーザーアイコンは意外と種類が豊富!『マリオ』『ゼルダ』『スプラトゥーン』『どうぶつの森』など

  8. 【特集】『星のカービィ』シリーズ、絶対に忘れられないシーン10選

  9. キラキラシール付き「どうぶつの森 ソフトキャンディ」販売開始、キャンディはゲームでもお馴染みのリンゴ味に

  10. 『スプラトゥーン2』新ブキ「ロングブラスター」を10月21日に追加─強力な一撃と射程を合わせ持つブラスターが登場

アクセスランキングをもっと見る