人生にゲームをプラスするメディア

『ゼルダ』がレボリューションに、は100パーセント真実と「雑誌NGC」

任天堂 GC

ゲーム雑誌の「NGC」は昨年末の号で、ゲームキューブ向けに開発されている『The Legend of Zelda』がレボリューションで遊んだ場合にリモコン型コントローラーで遊ぶオプションが用意されていることを掲載しました。その後、任天堂は否定しましたが、「NGC」はそれが正しい事を主張するコメントを出すという異例の対応を取りました。そして最新号では、それが事実なのかどうかを尋ねる読者からの質問が掲載され、それに対する返答が以下です。

私達は大量の似たような手紙を受け取り、また多くのインターネットサイトが私達の記事を広報の慎重なコメント(彼らは否定せず「ノーコメント」と言った)を元に批判していくことから逃れる事は出来ませんでした。ですので、私達は議論を正したいと思います。ゼルダがレボリューションに登場するというのは推測ではなく、事実です。この話は任天堂の信頼できる出所からもたらされ、それを私達が疑う理由は全くありません。私達は任天堂がこの事実を5月のE3まで明らかにできないことを理解します。しかしゼルダがレボリューションタイトルになるという事は100パーセント真実です。

とのこと。レボリューションコントローラーに対応するという話だったのがレボリューションタイトルになるに変わっています。しかしまあ、いつまで経っても発売時期が明確にならない、最近では年末まで発売されないなんて噂もあり、そうなっても不思議ではないような気もします。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  2. 「ニンテンドー3DS ウルトラサマーセール」前半のおすすめ20選!格安タイトルや遊びごたえバツグンな作品をピックアップ

    「ニンテンドー3DS ウルトラサマーセール」前半のおすすめ20選!格安タイトルや遊びごたえバツグンな作品をピックアップ

  3. 『スプラトゥーン2』リーグ大会「Splat Japan League」Season2 Day10レポート!熱戦11試合、その結果は

    『スプラトゥーン2』リーグ大会「Splat Japan League」Season2 Day10レポート!熱戦11試合、その結果は

  4. 『ロックマン11』新たなボスは炎の拳法家「トーチマン」!火炎渦巻く灼熱のステージは危険満載

  5. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  6. 『スプラトゥーン2』フェス「イカ vs タコ」の事前投票結果は拮抗!【読者アンケート】

  7. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

  8. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  9. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

  10. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

アクセスランキングをもっと見る