人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、18年度3月期・第3四半期業績を発表

任天堂は26日、2005年4月1日〜12月31日までの平成18年第3四半期業績を発表しました。それによれば売上高は4123億3900万円(前年同期比1.7%減)、営業利益は827億8300万円(19.7%減)、経常利益は1466億9400万円(27.2%増、為替差益452億円を含む)、純利益は921億8500万円(36.1%増)となりました。

ゲームビジネス その他
任天堂は26日、2005年4月1日〜12月31日までの平成18年第3四半期業績を発表しました。それによれば売上高は4123億3900万円(前年同期比1.7%減)、営業利益は827億8300万円(19.7%減)、経常利益は1466億9400万円(27.2%増、為替差益452億円を含む)、純利益は921億8500万円(36.1%増)となりました。

ソフト個々の売り上げについては、ニンテンドーDSの「Touch Generations」シリーズの3作品『Nintendogs』『DSトレーニング』『あたま塾』が国内でミリオンセラーとなったほか、「ニンテンドーWi-Fiコネクション」の牽引役である『マリオカートDS』が世界で合わせて300万本、『おいでよどうぶつの森』は180万本を売り上げています。GCでは『マリオパーティー7』と『ポケモンXD』が世界累計でミリオンを達成しています。

ニンテンドーDSは、ハードは国内358万台、米国243万台、その他315万台の計916万台で、累計では1443万台となっています。ソフトは国内1468万本、米国1238万本、その他885万本。市場規模等を考えれば、他の地域とくらべ日本が特に好調なのが見て取れます。

ゲームボーイアドバンスはハードが国内92万台、米国417万台、その他236万台、計746万台で、累計は7425万台。そのうちゲームボーイミクロは、国内57万台、米国47万台、その他78万台の計182万台。ソフトは国内635万本、米国3031万本、その他1429万本。アメリカではまだまだGBAが現役、と言う感じです。

ゲームキューブのハードはは国内18万台、米国155万台、その他40万台の計212万台、累計2061万台。ソフトは国内265万本、米国2030万本、その他513万本です。アメリカではソフトは継続して売れているようです。

セグメント別販売実績では、ゲームハードウェアが2324億6700万、ゲームソフトウェアが1782億6300万円、その他が16億800万円でした。
《》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 総合大賞は『FIFA』、殿堂入りに『プロ野球ドリームナイン』など・・・グリープラットフォームアワード2011授賞式

    総合大賞は『FIFA』、殿堂入りに『プロ野球ドリームナイン』など・・・グリープラットフォームアワード2011授賞式

  2. 山内相談役、イチロー選手に任天堂株を贈呈

    山内相談役、イチロー選手に任天堂株を贈呈

  3. 「iPhone 3GS」はビジネスシーンをどう変えるか?

    「iPhone 3GS」はビジネスシーンをどう変えるか?

  4. 海外サイトが選ぶ「ゲームの政治家トップ10」−1位はやっぱり……?

  5. 最新ゲームエンジンがそろいぶみ 教育関係者に向けた特別セミナーが開催

  6. コーエーテクモゲームス組織変更…『戦国無双』鯉沼久史が社長、襟川陽一が会長に

  7. 8kgの機器を背負って25分のVR体験…!USJ『モンハン』アトラクションの“マジ狩り”っぷりにハンター騒然

  8. 「イイと直感したものは貪欲に追求を」『GRAVITY DAZE』の外山氏が学生にエール

  9. 「2017年YouTuberタイアップ動画起用社数ランキング」が公開―業種内訳は「ゲーム」が最も多い結果に

  10. 【カジュアルコネクトアジア2013】カジノソーシャルゲームのSGNが語る「ヒットビジネスからの脱却」

アクセスランキングをもっと見る