人生にゲームをプラスするメディア

『ポケモン ダイヤモンド/パール』はどうなる? 増田氏が05年を振り返る

任天堂 DS

ゲームフリークの公式サイト内で不定期連載されている増田順一氏のコラムが更新されています。12月28日掲載分では気になる『ポケットモンスター ダイヤモンド/パール』について触れられています。本命が発売される前にDSは大爆発していますが、来年末と見られるポケモン新作はどのような作品になるのでしょうか? 一部を引用します。

さて、ポケットモンスターダイヤモンド&パールの方ですが、快調に制作しています!が、まだまだ!こだわりたいことも盛りだくさんで、ゲームとしての仕上がりには到達していません。2画面やタッチスクリーン、ワイヤレス通信の難しさを痛感しつつ、すれ違いやWiFiも盛り上がっている昨今、、、そろそろダイヤモンド&パールの勝負するポジションを見つけるタイミングだ。と感じてます。そして来年はゲームのアイディアをリンクさせていく作業を中心に、
全体をまとめて行こうと思ってます。

理想で言えば、人種や国境を選ばない、世界中でどこの誰とでも遊べる、コミュニケーションできる、そんなゲームにしたいと思ってます。


ポケモンはWi-Fiに対応するのでしょうか? 『どうぶつの森』が対応するのですから可能性は高いような気もします。世界中のトレーナーと対戦や交換ができるようになれば夢は広がっていきますね。GBの通信機能の真価を見せたポケモンがWiFiで何を見せるのか、2画面やタッチスクリーンなどのDSの機能の使い方も楽しみです。

またゲームフリークとしては久々のアクションゲーム『スクリューブレイカー 轟振どりるれろ』の開発や、加わった新スタッフなど色々なことにチャレンジ一年だったそうです。大盛況で終わったポケパークなんかもありましたね。
《土本学》

編集部おすすめの記事